<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
その他 (89) , 農作業 (74) , 作物の紹介 (30) , 料理 (26) , 作物関係 (23) , ファームの紹介 (22) , 畑整備 (17) , 農作業勉強 (15) , 健康 (14) , 苗について (14) , 加工品 (9) , お客様からのメール (9) , 有機農法 (9) , ファーム建設作業 (8) , 添加物 (7) , 種について (6) , 土作り (5) , 推薦文 (3) , 現代農業の危険性 (1) ,
ARCHIVES
心を静め畑作業に集中
皆様こんにちは、江見陵太郎です。私は、毎朝5時ごろに起床し、30分間心を静めるため、座禅をしています。

emizazenn.jpg

畑の実習では、うまくいったり失敗したりと、さまざまな出来事があります。その中で、自分の心が右往左往したりします。

hatakesagyou.jpg

さまざまな実習がありますが、毎朝座禅で心を静めて、その心境で、畑実習に取り組めるように努力したいと思います。

担当:江見

  • (2010-02-14 14:13:58)
辛味大根加工の準備中です
皆様こんにちは江見陵太郎です。今日は、室に入っている大根を取り出しました。信州地大根、戸隠地大根、ねずみ辛味大根、などの地大根を大根キムチを作るために、保存用と加工用に分けました。辛味大根(おろし大根)が500本程、あります。おそば屋さんや料理店などほしい方がいましたら、ご連絡ください。すごくおいしいです。

daikonnmuronireru.jpg
室に入れる大根がコンバイン袋の中に入っています。

加工用は、大根キムチ等の加工に使います。保存用は3月ごろからお客様がセミナーなどに来られます。大根おろしやおしぼりうどんなどを提供させていただきたいと思います。


地大根試食してみたのですが、程よい辛さで少し甘みもあり、とても、おいしいです。


スーパーなどでは、地大根などはほとんど出回っていません。しかし、ナチュラルファームで作った地大根をはじめて食べました。辛味も程よく、甘みもあるとてもおろしなどにぴったりの大根でした。そして、栄養価も、スーパーなどで売っている、大根よりも、高いとのことです。今回のワーク実習を通して、地大根は、少しづつ失われつつありますが、大切に将来につなげて行くべきものだと思いました。

担当:江見
  • (2010-02-14 11:51:24)
唐辛子無事乾燥しました。
皆様こんにちは江見陵太郎です。無事唐辛子の乾燥が終了しました。今は食品庫にとても湿度、温度管理のいい状態で保管されています。

tougarasikannsyoutyuu.JPG

心と物がつながっておらず一部唐辛子を傷めてしまう事がありました。次回は傷んだりしないように、心と物とのつながりを強くしたいと思います。


夏になり唐辛子の苗の植え付けから、除草、収穫、そして乾燥という一連の流れを実習させていただきました。今回のワーク実習を通して、ひとつの命を頂くことの大切さ、物と心のつながりの大切さという貴重な学びをさせていただきました。

担当江見
  • (2010-02-12 20:25:37)
朝食作りに挑戦!
皆様こんにちは江見陵太郎です。今日は祢津さんと私の二人で、スタッフ実習生の朝食を作りました。


毎日の食事は、ナチュラルファームの野菜をふんだんに使っています。信州特産のおろし大根を使った、豆腐の大根おろしがけ。くらかけ豆、青大豆を使った豆のマリネを作りました。

touhutodaikonnorosigake.jpg   mamenomarine.jpg



これからもファームの野菜を使って体に健康で美味しい食事作りを目指したいと思います。


畑で一生懸命作った野菜たちが食卓にのぼることに、幸せ感を感じました。
今回のワーク実習を通して、自分たちが思いを込めれば、思い入れのある野菜もできるし食事も作れる。そして、幸せ感も感じれることが出来るのだと気づきました。

担当江見

  • (2010-02-11 17:35:13)
大根のムロをあける2
皆様こんにちは江見陵太郎です。今日は切り干し大根を作るため、私とわたちゃん、そうちゃんの3人で大根のムロをあけました。

murononakanodaikon.jpg

あけてみると、とても新鮮な大根が現れました。しかし傷んでいる大根もありました。そして傷んでいる大根といい状態の大根を仕分けました。


秋から冬にかけて、心を込めて育てた大根。これからも、きちんと手入れを欠かさず、ムロをいい状態にもっていきたいと思います。


傷み始めている大根はきちんと仕分けてやっていかないと、いい状態の大根まで、悪くなってしまう、今回のワーク実習を通して人の心もそれと同様に毎日気づきを深めていかないと気づかないうちに、いい状態の心まで、悪い心におかされていくのだなと気づきました。
  • (2010-02-10 20:59:40)
ファームメンバー総出で雪かき
皆様こんにちは、江見陵太郎です。ファームメンバーも含めスタッフ総出で、飯綱は大雪のため、朝から、暗くなるまで、一日中、雪かきをしました。さすがに、周りが暗くなるころには、疲れを感じますが、その分ご飯は、とってもおいしかったです。体一杯で全力でやりきった為、とっても、爽快でした。あと3ヶ月で、畑への種まきが始まります。

sakutuke.jpg

早く畑で、体一杯、全力で、草刈りをしたり、種まきをしたいです。畑に出れば、毎日ご飯がおいしいです。
  • (2010-02-09 21:58:40)
ポット苗作りに本格的に取り組んでいます。
皆様こんにちは、江見陵太郎です。少し前の話になるのですが、ナチュラルファームでは、4月の初めごろに、ポットの苗作りをします。そのため、雪が降る前に、畑の隅のほうから、土を採取し、保管し、土と石などに分けるためふるいにかけました。

pottoyoudohuruikake.jpg

水輪ナチュラルファームでは、安心安全を第一に考え、種の自家採取、そして苗作りも試行錯誤しながら、積極的に行っています。お客様に安全なお野菜を、提供できるよう毎日努力していきたいと思っています。
  • (2010-02-09 21:45:53)
甜菜糖作りに挑戦
皆様こんにちは
前回失敗した、甜菜糖作りに先日再チャレンジしました。担当してくれたのは水輪実習生の小林さんです。

tennsainitumetyuukobayasisan.jpg

彼女は、水輪でのワーキングスタディの一環として「今に集中する」という学びを、この甜菜糖作りを通して体験しました。作り方は前回と同じですが、ビートシロップを煮詰める際に前回は目を離してしまい、焦がしたので、今回は特にそこに集中するようにしました。集中を続けることは、なかなか難しいのですが、集中することが苦手で、今までの人生よくそれで失敗してきたという小林さん。今回見事に成功させました。成功したビートシロップに粉糖を少量ビートシロップに入れ、それを核にして、結晶は進んでいきます。

bi-tosiroppukessyoutyuu.jpg

そして、3日後くらい冷蔵庫の中で保管すると、白い結晶がでてきます。その白い結晶が甜菜糖になります。中学校の時に学んできたことを、本で学ぶ知識だけでなく、実際に現場でこの目で見た時、前回は不注意で焦がしてしまったのですが、頭でイメージしていたことと実際に作るとでは大違いで、現実の厳しさ、そして今回、再チャレンジしてうまく煮詰まった時の達成感は、本やインターネットの中では得られない感覚だと思いました。現実での学ぶということは、とても良い体験であり、今日は甜菜糖の加工を通して学びました。私はこのような体験を通して、いつも学んでいます。

  • (2010-02-08 21:12:49)
作付け計画
皆様こんにちは、江見陵太郎です。今ファームでは今年度の作付け計画(どこに、どんな野菜を、いくつ育てるかといった計画です)を作っているところです。去年は作付け計画が甘かったため作業効率等が下がっているという問題点がありました。そのため、本年は、作付計画をしっかり立て、どれくらい、種や苗を仕入れいつ、どのように育て、収穫するのかを、明確にしています。しかし、今年度は、どの作物は、どれくらい仕入れ、そして、どれくらい植えたり蒔いたりするのかを、明確に計画立ててやっています。そこで感じるのは、計画を立てきっちり、やっていかないと美しい畑にはならないのだなぁと思います。

DSC08823.JPG

ピシッピシッと、きれいに作付けもできず、美しい畑にすることはできません。今年度は、計画をしっかりと立ってていますので、みんなが見て美しいと思えるような、畑作りに全力で取り組みたいです。畑は、育てている人の姿が、現れるといいます。畑が美しく、整った姿になるように畑作りは人づくり、私たちの日々の生活も、整理整頓を行い、掃除もしっかりしていきたいと思います。
  • (2010-02-08 20:48:15)
自然農の研修に行って来ました。
皆様こんにちは、江見陵太郎です。今日は、主にファームに関わる人たち、研先生、スタッフ、実習生含め計8人で(財)自然農法国際研究開発センターに行きましたのでご報告させていただきます。

hatamatidenonougyoukensyuu.jpg

今回は、山田様中川原様にお忙しい中ご指導いただきました。ありがとうございました。

hatamatidenonougyoukennsyuu2.jpg

(財)自然農法国際研究開発センターでは、「大自然を尊重し、その摂理を規範に順応する」ということを理念としているそうです。本来、野菜が健全に育っていれば、虫や、病気もつかず、命を従全に生きれるようです。野菜をいかに、健全に、健康に育てられるかを、自然から学ぶことが大切だとわかりました。もっともっと深く学びたいです。

担当:江見
  • (2010-02-05 12:41:15)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79