<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
その他 (89) , 農作業 (74) , 作物の紹介 (30) , 料理 (26) , 作物関係 (23) , ファームの紹介 (22) , 畑整備 (17) , 農作業勉強 (15) , 健康 (14) , 苗について (14) , 加工品 (9) , お客様からのメール (9) , 有機農法 (9) , ファーム建設作業 (8) , 添加物 (7) , 種について (6) , 土作り (5) , 推薦文 (3) , 現代農業の危険性 (1) ,
ARCHIVES
2014/06/4 育ってくれた
みなさま、お待たせいたしました!
いよいよ野菜の収穫がはじまりました!
カブ、ルッコラ、野沢菜、小松菜・・・。みんなとても元気に育ってくれました。

IMG_0081.jpg
IMG_0086.jpg

それにともない発送もはじまり、お客様のもとへ収穫した野菜を出荷するために野菜を選別、袋詰めしています。発送ではお客様にうちの畑で採れた野菜の中でも最上級のものを食べて頂きたく、心をこめて行っております。

IMG_0077.jpg
IMG_0087.jpg

それにしても、一ミリにも満たない種がこのように立派な野菜になるなんて、本当に感無量です。僕たちがしてきたことはとても些細なことですが、野菜たちはすくすくと育ってくれます。
なんだか、野菜を育てたというより、育ってくれたという感覚です。

その姿を見ていると、ただただ大自然の偉大さに感服するばかりです。
自分たちは生かされている存在だということを忘れず、感謝して頂きたいと思います。
これからもっともっとたくさんの作物の収穫が始まります。ぜひとも皆様、ボランティアとして一度はお越しください。

今日も一日生かされたことに感謝感謝です。

IMG_0080.jpg
IMG_0085.jpg

                    担当 A.K
  • (2014-06-10 23:22:41)
2014/06/01 ビニールハウス
 飯綱でも今日は夏日でした。
朝9時のビニールハウス内の気温が39℃!  朝から暑い!
すぐにみんなでビニールを開け、温度を下げました。
さて、今日は野菜たちの苗を 「そ」 にする実習です。
「そ」とは、こみあっている苗たちをかごから出して離してあげる
作業です。

DSC00406.jpg

こんなにこみこみしている苗を、、、、

DSC00408.jpg

こんなかんじに距離をおいて離してやるのです。
こうすることで、まんべんなくお日様が当たり、元気に育つのです。

DSC00409.jpg

今日 「そ」にしたのは、なす、ピーマン、トマトです。
これはトマトの苗。もうすぐみずみずしいトマトが採れます。

DSC00412.jpg

ビニールハウス内の温床からこんな感じで苗を出します。

DSC00415.jpg

苗はひとつひとつ大切に扱います。

DSC00411.jpg

こんなふうに水やりをやることも肝心です。
このようにして苗をひとつひとつ大切にして大きく育てます。
収穫の時期が楽しみです!

DSC00405.jpg

飯綱山は今日も雄大です。
飯綱の大自然におおきな感謝をいたします。

                  担当  N.I


  • (2014-06-10 23:12:32)
2014/05/29  耕すことは
今日はみょうがの植え替えをしました。
みょうがは地中に蜘蛛の巣のように根をはっていて、掘り起こすは大変です。
さらに、みょうがの他にもたくさんの草がびっしり生えていて、みょうがを掘り起こすのは一苦労でした。

DSC05269.jpg
DSC05267.jpg
DSC05263.jpg

今日の実習をしていて、ご先祖さまたちが土地を開墾したというのはどれだけ大変だったのだろうか。
とふと思いました。

DSC05271.jpg
DSC05272.jpg

今では草刈機や、金属製のスッコプや鍬などの良質な農具があります。でも昔は機械なんてもちろんありませんし、農具も今ほど性能は良くありません。軍手もなければ長靴もない。何より食べ物は非常に質素なものばかり。体一つと言ってもいいような状況で、荒れた土地を作物の育てられる土地へ耕す。
それはどんなに大変だったでしょうか。
しかし、土地を耕し作物を育てなければ、食べていくことができない。
すなわち
生きていくことができない。

現代の農業はビジネスのひとつのように捉えられています。
しかし本来は、人間にとっての農業とはなんだったのでしょうか?

土を耕すことは、生きていくこと。

そうだったのではないのでしょうか?

もちろん昔に戻ればいいとは思いません。
しかし、耕さなくても食べられるという奇跡に深い感謝を忘れずにいたいものです。

今日も一日生かされたことに感謝感謝です。

DSC05280.jpg
DSC05248.jpg

                                 担当 A.K

  • (2014-06-10 23:05:45)
2014/05/28 しあわせを呼ぶかえる
 みなさま、いかがお過ごしでしょうか。水輪ナチュラルファームはたんぽぽが咲き乱れ、きいろのじゅうたんが敷かれたようです。あらゆる春の花々、いのちたちが躍動しております。

DSC05043.jpg
DSC05060.jpg
DSC05134.jpg

 ファームのみんなは、つよい日差しのもと、一生懸命しごとに励んでいます。果菜類のトマトやとうもろこし、かぼちゃ、きゅうり、ズッキーニ、インゲンの植え付けがあったり、夕立がきたりと、すでに夏の到来を感じる今日この頃です。これからいよいよ、ルッコラはじめ、カブ、野沢菜、チンゲン菜などの収穫、発送もはじまってきます。ファームのエネルギーの上昇を感じます。

DSC05051.jpg
DSC05210.jpg
DSC05204.jpg
DSC05246.jpg
DSC05247.jpg
DSC05128.jpg
DSC05219.jpg
DSC05227.jpg
DSC05235.jpg
DSC05251.jpg

そして・・・
ビニールハウスで種まきをしていると・・・、おっ!いつものあやつが出現だ。Bさんの肩のうえで、何とも言い難いうやうやしい雰囲気をただよわせていました。

DSC05110.jpg
DSC05112.jpg
DSC05114.jpg

わたしもいまはちから不足ですが、みんなでベクトルをあわせ、幕末の志士たちのごとく志高く、いのち輝くファームをめざしていきたいです。

DSC05076.jpg

みなさまにしあわせがたくさんたくさん訪れますように、お祈り申し上げます。



担当 小泉

  • (2014-06-10 22:59:27)
2014/5/22 緑の秘宝を求めて・・・
今日は軍足へスギナ収穫に行ってまいりました!!

みなさまスギナはご存知でしょうか?
スギナとは、いわゆるつくしの成長したものです。
正確には、スギナの地下茎からでる胞子茎のことをつくしといいます。
つくしのときは茶色ですが、成長しスギナになるととても鮮やかな緑色になります。
田んぼのすぐ近くにスギナの群生地があり、そこで取らせていただいています。
もちろん育ててるわけではなく、毎年たくましく自ら生えてきてくれます。
まさに自然の恵みを頂いているわけです。

DSCF4795.jpg

DSCF4796.jpg

収穫したスギナはよく洗って乾燥機にかけ、「スギナ茶」に生まれ変わりお茶としていただきます。
このごろファームのお昼ごはんのときには、必ずスギナ茶が食卓に並びます。
スギナ茶は疲労回復、体質改善、がんの予防に効果があると言われており、何よりとても美味しいです。自分たちの手で収穫したスギナ茶は、やっぱりエネルギーが違います。
ぜひ皆様もいちどスギナ茶を飲みにおこしくださいませ。

今日も一日生かされたことに感謝感謝です。

DSCF4801.jpg

DSCF4804.jpg

DSCF4800.jpg

 担当 A.K


  • (2014-06-10 22:47:03)
2014/05/18 畑の除草
 飯綱では今朝は10℃に届かずに寒い朝になりましたが、日中はお日様も出てくれて気持ちのいい一日になりました。

さて、今日は小麦の除草です。
DSC00317.jpg

今日の主役、小麦です

水輪ナチュラルファームでは農薬を一切使用しないため、除草もすべて手作業になります。除草といっても雑草をすべて引っこ抜くのではなく、キュウホウという道具を使って、まだ小さな雑草を土ごと削り取るのです。

DSC00323.jpg

これがキュウホウです

キュウホウでは対処できない雑草は手で一つ一つ抜いていきます。
DSC00324.jpg

こんな雑草を、、、、


DSC00314.jpg

このように除草していきます

その中でも、畑の厄介者、ギシギシは根も深くて抜くのがとても大変です。

DSC00326.jpg

畑の嫌われ者 ギシギシです

DSC00320.jpg

ギシギシの根です。実に厄介!!

ちなみに、ギシギシは「羊蹄」と書くそうで、タデ科の多年草だそうです。
もうひとつ、ギシギシとならんでやっかいなのが、おなじみのタンポポなのです。
これがまたやっかい!!
根の深く、ギシギシ以上にどこにでも生えるのです。
見た目はかわいらしいのですがね。

DSC00318.jpg

畑のタンポポの群生です

あと一回か二回の除草を経て、8月の上旬には収穫になります。
金色に実ったたくさんの小麦をまたご紹介いたしますね。
DSC00328.jpg

飯綱山は今日も雄大です。
飯綱の大自然におおきな感謝をいたします。

                  担当 N.I
  • (2014-06-10 21:51:20)
2014/05/18 はじめまして。
水輪に来てはや5カ月、ファームに移動して1カ月あまりがたちました。
初めてファームブログに投稿させていただきます。
実は、私、本格的な農業は初めてなのです。

今朝は写真の地、信濃町にやってきました。
目的は苗を栽培する土をとるためです。
軽トラ1台分の土を積み、水輪にもどりました。
P5040189.jpg

水輪にもどり、苗の栽培用のセルトレーというものに土をはり、
種を植え付けます。
DSC00300.jpg

その後、苗の成長にあわせてポットを大きくします。
種から始まり、だんだんと大きくなり、八百屋さんでおなじみの
野菜たちになっていきます。

DSC00302.jpg

これはピーマン

DSC00303.jpg

今日植え付けた種が大きくなっていくように、私も水輪で人間として
大きく成長していきます。
P5040188.jpg

飯綱山は今日も雄大です。
飯綱の大自然におおきな感謝をいたします。
   
                  担当 N.I






  • (2014-06-04 23:18:57)
2014/05/17 春のエネルギー
 みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

DSC04985.jpg

 水輪ナチュラルファームは春真っ盛りです。

DSC04955.jpg

春の生命エネルギーで、Kさんもますます元気いっぱいのご様子。

DSC05017.jpg

他のメンバーも、すでに汗ばむくらいの日差しのもと、畑しごとに励んでおります。

DSC04966.jpg

DSC05018.jpg

 育苗では、果菜類のポット上げがひと段落し、みんなほっとしてのびのびしている様子。半日で成長がわかるほどぐんぐん大きくなっています。トマトのアイコちゃんたちも元気です。

DSC05004.jpg

できるだけ日光が当たるようにするために移動したり、毎日たっぷり水やりするのはたいへんな面もありますが、この子たちの元気なエネルギーがなによりの救いです。

DSC04946.jpg

苗(いのち)たちには毎日なにかと迷惑をかけてしまっていますけれども、彼らがこれからもわたしをあたたかく見守ってくださるのなら、こんなありがたいことはないと思う、今日この頃であります。

DSC05001.jpg

 みなさまにたくさんのしあわせがありますように、苗(いのち)一同、ビニールハウスからお祈り申し上げます。

DSC04932.jpg

担当 小泉
  • (2014-05-28 20:27:54)
2014/05/12 桃栗三年 人何年?
水輪ナチュラルファームでつくっているのは野菜だけではありません!
果樹も育てているのです!

DSC04966.jpg

りんご、プルーン、ブルーベリー、かりん、ぶどう等など。
もちろんすべて無農薬無化学肥料です。
中でもりんごは、奇跡のりんごでお馴染みの木村さん式の自然の恵みいっぱいのりんごをつくっています。

実は先日、また新しくいくつかの果樹を植えました!
今年から新しく桃、梨、柿をはじめ、りんごやプルーンやぶどうも新しい品種のものを植え付けました。

DSC04907.jpg

立派な実をつけ、皆様のもとへお届けできる日を楽しみにしています。
と言っても、果物によっては実をつけるまであと何年もかかります。
桃栗三年柿八年と言いますが、「実る」ということは時間がどうしてもかかります。

DSC04899.jpg

人間も同じ。何かを自分に実らせるためには、一日、一か月なんてものではなく、何年、何十年とかかるものでしょう。実るものが「本物」であればあるほど時間はかかります。

DSC04964.jpg

私たち人間はえてして短い期間で物事を考え、すぐに結果を欲しがります。
けれど短い期間で得たものは、短い期間で失います。
本物を掴めるかどうか、それは掴むまで諦めないかどうかの一点なのかもしれません。

DSC04909.jpg

そのことを胸に刻み、日々生きていきます。

今日も一日生かされたことに感謝感謝です。

                           担当 A.K
  • (2014-05-27 07:59:02)
2014/5/11 「手の切れるような製品をつくる」
みなさんこんにちは。今日行った実習は、ピーマン用のフラワーネット張りです。
まだピーマンの苗は植える前ですが、いずれ苗を植えて、それが大きく育ったときに、茎が倒れないように、ひもで誘引するためのものです。

IMG_0056.jpg

とにかく長い。
1つ80mの畝を10本。
合計800m。

IMG_0058.jpg

何日もかけて、延々とやってきましたが、ようやく今日グランドフィナーレの時を迎えました。しかも出来映えにもこだわって、手で触れると手が切れてしまうくらい完璧なものを目指してやりました。

IMG_0054.jpg

実際問題、皆ここ最近の寒さで、手が切れている人が多いようですが…。
今日も寒かったです。
冷たい風がピューピュー吹いて、おまけに雨まで降ってきて…。
でもとりあえず、無事張り終えることが出来て一安心です。
今年はいいピーマンが出来るのではないでしょうか。

IMG_0055.jpg

担当:T.W

IMG_0057.jpg
  • (2014-05-27 07:48:16)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79