<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
その他 (89) , 農作業 (74) , 作物の紹介 (30) , 料理 (26) , 作物関係 (23) , ファームの紹介 (22) , 畑整備 (17) , 農作業勉強 (15) , 健康 (14) , 苗について (14) , 加工品 (9) , お客様からのメール (9) , 有機農法 (9) , ファーム建設作業 (8) , 添加物 (7) , 種について (6) , 土作り (5) , 推薦文 (3) , 現代農業の危険性 (1) ,
ARCHIVES
10/27(木)お米を食べました~その①~
みなさま、こんばんは。

米13.111027.jpg


本日の信州飯綱高原は
秋がいっそう
深まってまいりました。

米1.111027.jpg
~田んぼ整備前~


ファームのみんなが
大事に心を込めて作った
お米がついに
炊き上がりました。

米2.111027.jpg
~道具を使って水平にならします~


主に酵素玄米として
いただく予定です。

米3.111027.jpg
~雨の日も田植えを頑張りました~


『ほっこりしていて
いつもの玄米よりも
美味しさが一段と違いました!』
スタッフの感想

米5.111027.jpg
~田植え機で植えたものを~




農薬・化学肥料を使わないで
育てたお米の味は格別でした!

米4.111027.jpg
~手でひとつひとつ大事に植えました~


もみで1.8t
もち米で400kg
採れました。

米6.111027.jpg
~青々とした7月の田んぼ~


飯綱の土地の神様、
土地を貸して下さった方、
ファームを支援して下さっている方々、
一生懸命作ったファームのみんなで
大切に召し上がりたいと思います。

米13.111027.jpg
~もっちりした酵素玄米になりました~
  • (2011-10-27 20:33:38)
10/26(水)『心と体を強くする「養生」365日』 帯津良一先生の著書が発売されました
水輪ナチュラルファームに隣接している
いのちの森 水輪 で開催されている
養生塾の本が発売されました。

養生365日111026.jpg
~表紙~


内容紹介
<からだ・こころ・いのち>を一体として、
まるごと人間をとらえようと開いている
私の「養生塾」。
医療と養生、健康と病、生と死・・・
本当に大事なこととは何か。
この本は、
その「養生塾」での多くの経験から、
私自身が感じ、
学んだポイントを
一日一話形式でまとめたものです。
一話読むだけで、
内なる生命の場が煮えたぎり、
生命力が高まりあふれ出てくるでしょう。
帯津良一

養生食111026.jpg
~お野菜たっぷりのこころときめく
養生食も楽しみのひとつ~


「日本で一番信頼されている名医」が
必ず話す大事なこと―
この価値観、人生観があれば、
あなたの「健康常識」がガラリと変わります。

帯津良一(おびつ・りょういち)
1936年埼玉県生まれ。
東京大学医学部卒業。
医学博士。
東大病院、都立駒込病院などを経て、
82年に帯津三敬病院を設立。
2001年より名誉院長。
西洋医学に中国医学、気功、
心理療法などをプラスした
ホリスティック医学を実践していることで名高い。
日本ホリスティック医学協会会長。
2000年から、全国各地の「養生塾」の塾頭も務める。
おもな著書に
『なぜ「粗食」が体にいいのか』(幕内秀夫共著)、
『病気にならない全身の「ツボ」大地図帖』
(藤井直樹共著、
ともに三笠書房刊、知的生きかた文庫)
など、多数がある。

養生365日2.111026.jpg
~裏表紙~


養生塾にご参加された皆さまは口を揃えて
「お野菜だけでこんなに
豊富なメニューが作れるなんて!」
と驚かれます。

いのちの森 水輪 の養生塾の
ご参加の皆さまのお食事の養生食にも
水輪ナチュラルファームの
お野菜を使っていただいております。

ご興味のある方は
養生塾にも是非、ご参加下さいませ。

帯津良一先生のご著書
『心と体を強くする「養生」365日』は
お近くの書店、
またはアマゾン.comなどでお買い求め下さいませ。
  • (2011-10-26 17:05:45)
10/25(火)信州を味わう夕べ
みなさま、こんにちは。
本日の水輪ナチュラルファームは
東京・目白の 椿山荘4階ジュピター にて
『信州を味わう夕べ』
というイベントがあるので
スタッフが出張しております。

信州を味わう夕べ1.111025.jpg


2011年10月25日(火)
場所:東京・目白 椿山荘4階ジュピター
内容:「長野県原産地呼称管理制度」認定酒など
   長野県産のお酒のティスティングと
   信州の食材を使用した立食ビュッフェ
時間:18:30~21:00(受付18:00~)
定員:250名

信州を味わう夕べ2.111025.jpg


お楽しみ企画
・エッセイスト 玉村豊男氏によるトークショー
阿部知事が参加し、「おいしい信州ふーど(風土)」について語り合う
・県内の観光地紹介
信州観光宣伝部長「こてつ」(よしもと芸人)参加
による長野県観光PR

信州を味わう夕べ3.111025.jpg


お申し込み
・お電話にて
椿山荘予約センター
TEL.03-3943-1140
(9:00~20:00)

お野菜111025.jpg


水輪ナチュラルファームも
新鮮なお野菜を持って参加しております。
ご興味のある方は是非お越し下さいませ。
  • (2011-10-25 17:49:15)
10/24(月)そば刈り
みなさま、こんばんは。
本日の水輪ナチュラルファームは
そば刈りをしました。

そばみんなで刈っている111024.jpg


今日は総勢20名が畑に出ました。
約半分はお野菜の発送。
残りはそば刈りです。

そば刈る前111024.jpg
~そばを刈る前~


そばは霜が降りると実が落ちてしまいます。
そろそろ寒くなってきましたので
そばの実が落ちてしまう前にと、
一日で仕上げました。

そば刈ったあと111024.jpg
~そばを刈った後~


どんどん刈っていきます。

そば刈り111024.jpg


刈るときも工夫を凝らして、
いかに正確に、
尚且つ早く出来るように
色々変えてみました。

航.裕同じポーズで刈っている111024.jpg

10人以上でやると
エネルギーが全然違います。

運んでいる.綿111024.jpg


みんなで気を入れて
頑張りました!

そば.久保111024.jpg
  • (2011-10-24 20:32:23)
10/23(日)メロン
みなさま、こんにちは。
今、信州飯綱高原
水輪ナチュラルファームの
畑は秋の色です。

畑111023.jpg


秋の戸隠散策ステイも今日で終わりです。
短い紅葉のシーズンもあっという間です。

もみじ111023.jpg


今日は水輪ナチュラルファームで採れた
農薬・化学肥料を一切使わずに育った
『メロン』についてご紹介いたします。

メロン1.111023.jpg


今年はメロンを
ゴーヤやオクラなどと一緒に
試験的に育てています。

水輪ナチュラルファームのある
飯綱高原は標高1.050mの高さにあるので
育てるのに難しい作物もあります。

そば畑と木と人111023.jpg


見た目はコロンとしたかわいいメロンですが、
甘さはもう少し・・・でした。

メロン@ハウス111023.jpg


来年はもっと工夫を重ねて
あま~いメロンになるように
頑張ります。

メロン2.111023.jpg
  • (2011-10-23 15:56:16)
10/20(木)米選別 ~こめせん~
みなさま、こんばんは。
ただ今、信州飯綱高原は秋真っ盛りです。
水輪ナチュラルファームも
たくさんの赤とんぼが飛んでいます。

航介.jpg
~お米の選別について~

2011年、
水輪ナチュラルファームでは
田んぼでは農薬・化学肥料を一切用いないで
お米作りをしました。

お米111020.jpg


稲刈りを終えて、
そのお米がついに様々な工程を経て
収穫されました。

ついにもうすぐその収量が分かるそうです!

今年初挑戦の田んぼ。
秋田小町ともち米を作りました。
今のところもち米は358kg収穫しました。

お米の選別も始まりました。

陵.米つまむ111020.jpg


収穫したお豆を選別することを
『まめせん』と呼んでいます。
お米の選別は通称『こめせん』になりそうです。

陵米せん111020.jpg


お米の選別のやり方をご紹介いたします。
『こめせん』
①卓上スタンドを用意
②新聞紙とボウルを用意
③お米を新聞紙に拡げます
④ザルでふるいにかけてゴミを落とします
⑤新聞紙の上で食べられる
お米と食べられないものに分けます
(自然発生した雑草の種、ひえなどを分ける)

これから寒くなり雪で畑が閉ざされると
みんなでお米の選別に励むようになりそうです。

航.ひとつぶひとつぶ111020.jpg
  • (2011-10-22 15:42:57)
10/19(水)パンダ豆とら豆
みなさま、こんばんは。
しばらくブログをお休みして
しまっていてすみません・・・

こけ玉111019.jpg
~こけ玉が売店コーナーを彩っています~


信州飯綱高原はもう
秋真っ盛りです。
紅葉が美しくなってきました。

秋は色鮮やかで美しいけれど
「あっ」言う間に過ぎ去ってしまいます。

秋が足早に過ぎ去ってしまうと、
信州は長い雪のシーズンに入ります。
畑も一面の真っ白な雪に覆われてしまうので
それまでにやるお仕事はたくさんあります。

今日は、水輪ナチュラルファームに隣接している
いのちの森~水輪~の
宿泊施設グリーンオアシスの売店コーナーの
かわいいお土産をご紹介いたします。

111019ポップ.jpg


『パンダ豆』と『とら豆』です。
このお豆は食用なのですが、
「小さいビンに入れたらインテリアにもなる!」と
スタッフのアイデアでかわいいお土産になりました。

ぱんだちゃん111019.jpg


パンダ豆とトラ豆は
黒いぶちがパンダのようなので
パンダ豆というそうです。
トラ豆も柄がトラ柄のようなので
トラ豆です。
(パンダ豆の方は今度ご紹介いたします)

パンダ豆3つ111019.jpg


女性のお客さまに人気の商品です。
是非お買い求め下さいませ。
  • (2011-10-19 18:51:39)
10/14(金)山椒の実がたくさん
みなさま、こんにちは。

山椒の実.黒111014.jpg


あっと言う間に、
いのちの森~水輪~の中庭が
鮮やかに色づき始めました。

中庭の紅葉111014.jpg


水輪ナチュラルファームも
季節の変わり目でやる事がたくさんあります。

ファームでは10人の
スタッフ&実習生が畑実習をしておりますが、
雪で閉ざされてしまう
冬の前にはたくさんやる事があり、
館内の実習をしている実習生のみんなも
しばらく畑のお手伝いをしています。

夏の目玉商品のトマトの片付けをして、
畝(うね)を作り変えたり・・・
ファームはまだまだ大忙しです。

今日は山椒の実をたくさん採りました。

山椒の実むいている.jpg

山椒の実は、山椒の木から採りました。
山椒は柑橘類ですが、
雌雄異種で、雄の木、雌の木に分かれています。
(実は知らない人もいるかもしれません・・・)
雄木と雌木が受粉しないと実が付きません。

山椒の入ったビニール袋が何袋にもなったので、
それをひたすら茎と実を分けて
プチプチと取っていきました。

山椒とり111014.jpg


中から黒い実が裂開(れっかい)しているものもありました。

袋の中は山椒の実111014.jpg


9~10月にかけて山椒の実が
こんな風に赤くかわいくなります。

山椒の実111014.jpg


この山椒の実は乾かして、
水輪特製手づくり七味にブレンドしたり、
お客さまのお料理に使ったりする予定です。

皮も良い香りがしました。
  • (2011-10-14 17:57:17)
10/9(日)田んぼ写真館
みなさま、こんにちは。

たわわに実ってる111009.jpg
~たわわに実りました~



無事、稲刈りが終わりました。

田んぼ黄金111009.jpg
~黄金色の田んぼです~



水輪ナチュラルファームの
みんなの田んぼ実習の
イイ写真がたくさん撮れたので
今日は写真をたくさんご紹介いたします。

稲刈り航介111009.jpg
~アシスタントスタッフの航介さんが刈り取りを行っています~



田んぼきれい111009.jpg
~刈り取り前~



稲111009.jpg
~元気いっぱいの稲~



干してる111009.jpg
~干す前~



干してる2.111009.jpg
~干した後~



稲3.111009.jpg
~稲~



111009稲拾ってる.jpg
~稲を拾って~



稲を持ってピース111009.jpg
~ピース!~



たわわ2.111009.jpg
~美味しいお米になりますように~



僕たち私たちが採りました.jpg
~僕たち、私たちが育てました!~
  • (2011-10-09 15:44:14)
10/6(木)田んぼ実習について⑥     ~ワークシート~
9/28

1.111006.jpg


田んぼにまた行って、稲干しを行った。
その際、稲が濡れないように
マルチを使って、防水をした。

2.111006.jpg


この稲干しがなかなか大変である。
しかも、干しが終わってから
脱穀したりして
色々な工程があって
初めてお米を食すことが出来る。
お米を食べるにはまだまだかかりそうである。

3.111006.jpg


10/4
田んぼの稲刈りが8割くらい終わった。
残すところは、
2番田んぼ少しと、
1番田んぼだ。

4.111006.jpg


あの金色に輝く稲穂は、
刈り取って見れなくなってしまうのが残念だ。

5.111006.jpg


でも、実習自体はまだまだで、
これから稲刈りをした
稲をはざ掛けをして干さないといけない。
田んぼ実習はまだ続く・・・

6.111006.jpg


みんなの汗と努力の結晶は、
どんな味がするのでしょうか。

きっと、ほっぺたがこぼれ落ちるほどの
忘れられない味になりそうです。

7.111006.jpg
  • (2011-10-06 16:44:45)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79