<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
その他 (89) , 農作業 (74) , 作物の紹介 (30) , 料理 (26) , 作物関係 (23) , ファームの紹介 (22) , 畑整備 (17) , 農作業勉強 (15) , 健康 (14) , 苗について (14) , 加工品 (9) , お客様からのメール (9) , 有機農法 (9) , ファーム建設作業 (8) , 添加物 (7) , 種について (6) , 土作り (5) , 推薦文 (3) , 現代農業の危険性 (1) ,
ARCHIVES
2014/10/16 台風
今日は台風が長野県に来て、雨が降る悪天候でした。
こういう日は作業場やビニールハウスでする作業を進めます。

IMG_3254.jpg

今日はジャガイモの選別を行いました。
発送で使うものと、自分たちで食べるもの、種として来年使うものに分けました。

IMG_3256.jpg

今日はファームメンバー全員で行い、午前中で終わらせることを目標にしました。
ジャガイモの数が多いので僕は不安でしたが、今に集中し、皆でやることで、終わらせそうだと思いました。
今日は全体的にコンディションが良くなく、皆で掛け声を出して士気を高めました。

IMG_3257.jpg

なんとか昼食前には、終わらせることができました。
自分としては今日は皆に精神面で支えられた形でした。

IMG_3260.jpg

また、終わりが見えない仕事をするときは、今に集中して、自分一人でも、黙々と作業が出来るように、心を鍛えて行こうと思います。    

担当s
  • (2014-10-16 22:15:43)
2014/10/14 ライ麦と私
今日もブログを担当します、ボウミックです。

本日は信濃町にて残渣(ざんさ)回収、及びライ麦・小麦の播種を行いました。
播種に1人、残りは残渣回収という割り振りで作業スタートです。

1.jpg
(ライ麦です。美味しいパンが出来ると良いですね)

このライ麦、自然農法に適したものという事ですが、何でも、
2007年頃にアメリカのオーガニック農園から輸入されたライ麦を、
試験栽培したものを分けて貰った、という貴重なものです。

2.jpg
(まだまだ先は長い様子。頑張れ!)

ライ麦も小麦も雪の下で冬を越し、春になると一斉に伸びるそうで、
今から一面の麦畑を見るのが楽しみです。

さて、残渣回収チームの方ですが、途中ヘビが出る等一騒動あったものの、
終始順調に進みました。
先ず残渣をレーキで掻き集めるのですが、単調な力仕事故になかなか堪えます。
それでも、1列40分ほどかかっていた所を、最終的に25分ほどに縮める事が出来ました。

3.jpg
(レーキを振るう3人。水分補給を忘れずに)

次に、集めた残渣をフォークで軽トラに積みます。
前は台車を使っていたのですが、軽トラのお陰で作業もぐっと捗りました。

4.jpg
(集めた残渣。これを軽トラで回収していきます)

その内に辺りはすっかり暗くなり、迎えが来たのが6時半。
くたくたで帰路に着くファームメンバーなのでした。

担当:雄太
  • (2014-10-14 13:25:29)
2014/10/10 キュウリと私
皆さん始めまして。
今回から木曜日のブログを担当させていただく雄太と申します。
今後とも水輪ナチュラルファームブログをよろしくお願いします。

さて、今日はキュウリの片付けの続きを行いました。
キュウリはキュウリネットという網に巻き付かせて育てるのですが、
片付ける時にはこの巻き付いたキュウリがくせ者です。

1.jpg
(ネットを集める2人の図。下の白い紐は切らないように)

ネットに巻き付いているキュウリを、ネットごと切らないように切り取り、
ネットを寄せ集め、鉄パイプのアーチを外していきます。

2.jpg
(白い紐とネットを集めていきます)

今年の後半だけですが、キュウリを担当していた自分にとっては、
片付けられていくキュウリを見て、何やら不思議な心持ちがしました。

3.jpg
(皆で一気に片付けていきます)

ビニールハウスで前半の出荷に貢献してくれた上高地。
キュウリと言えばこの形!と言うほどに胡瓜胡瓜していました。
路地で後半の出荷を支えてくれたVシャインとつや太郎(略してV太郎)。
最初は短足だったのが、後にスマートに、綺麗になった事には驚きました。

夏の最盛期には1日150本以上取れる事もあったキュウリ。
次第に少なく、形も歪になっていくのを見て、寂しい思いに駆られた事もありました。
それでも、キュウリは自分にいろんな事を教えてくれました。
キュウリを見つける事にかけての慎重さ、集中力。
草刈りの大切さに、こまめな管理の重要さ。
一部を見ただけで物の全体を推し量るべきではない、なんて事も教えてもらいました。

最後に、自分を成長させてくれたキュウリに別れと、精一杯の感謝を捧げたいと思います。
ありがとう、お疲れ様でした。

担当:雄太
  • (2014-10-10 23:08:56)
2014/10/9 食事片付け
今日は発送日でした。まず収穫をしました。
収穫は担当で行っているので、皆慣れていて、今日も時間どうりに終わりました。
私は定期コースの箱詰めの方をやらせてもらいました。
ダンボールに綺麗に早く野菜を詰めるのは難しく、センスがいるものだなとおもいました。
また詰める機会があれば、より綺麗に出来るように頑張りたいです。

IMG_3194.JPG

今日は食事片づけの事について書きたいと思います。
食事の人数が多いほど、調理した鍋、食器があり時間がかかります。
食器洗い、レンジフード、ゴトク、床、窓ガラス、まな板ハイター、ゴミ捨て、など、綺麗に保つためには毎日掃除する必要があります。

IMG_3195.JPG

IMG_3198.JPG

IMG_3199.JPG

IMG_3201.JPG

IMG_3202.JPG

IMG_3203.JPG

IMG_3200.JPG

綺麗に早く終わらせるために皆頑張っています。
人に指示をする練習として、今日はbさんがリーダーを務めていました。
傍からみていましたが、とても頑張っていると思いました。
この調子でどんどん成長していくと思います。皆様ありがとうございました。

担当s
  • (2014-10-09 10:01:23)
2014/10/9 簡素復活
ファーム、館内、母屋と一緒に交流する機会が減って来ていました。少し前までは母屋前で皆一緒に食事をとるようにしていましたが、夕飯は畑の人たちは畑ハウスで食事をとって分かれていました。
 先生方の配慮で簡素で再び皆が集まって朝、昼、夕の食事を一緒にすることになり、いのちの森の一体感を取り戻していっています。

IMG_2190.JPG

IMG_2197.JPG

IMG_2191.JPG

IMG_2200.JPG

IMG_2201.JPG

IMG_2205.JPG

トマト収穫を担当させていただいていますが、収量は落ちたもののまだまだいけそうです。

IMG_2158.jpg

IMG_2159.jpg

IMG_2161.jpg

IMG_2170.jpg

IMG_2175.jpg

IMG_2181.jpg

IMG_2182.jpg

畑の整備もどんどん進めていっています。今はだいぶきれいになって来ました。皆様のおかげです。館内の方にもご協力していただきました。ありがとうございます。

IMG_2183.jpg

より良い畑にしていけるようにがんばっていきましょう。

担当:石川
  • (2014-10-09 09:22:41)
2014/10/4 さつまいも掘り
本日の実習はさつまいも掘りです。

さつまいもは5℃以下になると傷み始めるため、飯綱では今が掘り時です。

ファームメンバー全員で一生懸命掘ったのですが、残念ながら収穫量は例年に比べるとかなり少ないものとなってしまいました。
夏場の日照時間の少なさが原因かと思われます。

さつまいもは1~2週間ほど風通しのよいところで保存しておくと甘みが増し始め、収穫から2~3ヶ月後に最も美味しくなるそうです。

また15℃くらいで保存すればかなり長期の保存が可能ということで、飯綱の冬はさむいですが、しっかり温度管理して大切に保存したいと思います。

担当:高橋

DSC08099.JPG


DSC08104.JPG


DSC08105.JPG
  • (2014-10-04 18:23:59)
2014/10/2 いのちの森は、みんなでひとつ
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

ファームもオアシスもいそがしい時期を過ぎ、食事などもやっとともにすることができるようになってきました。思えば、いそがしさの中で、やさいをつくって身近な人によろこんでもらえるしあわせだとか、そういった大切なことを忘れがちになっていました。

DSC08054.jpg

 ナチュラルファームも、グリーンオアシスも、総務も、母屋も、いのちの森はみんながいて、ひとつのいのち、意識体だということを大切にしていきたいです。

DSC08067.jpg

DSC08007.jpg

DSC07951.jpg

DSC07976.jpg


担当:小泉
  • (2014-10-02 21:22:38)
2014/9/29 皆で温泉へ
皆様こんにちは

今日はいのちの森水輪のスタッフ、実習生の皆で温泉天狗の館に行って参りました。

DSC07979.jpg

お客様がいらっしゃる時はなかなか時間がとれませんが少し空いた時間に皆でこうして温泉に行って楽しんできます。
これは皆で一つになって心を通わせる時間として本当に大切にしています。
今日も温泉の食堂で意見を交換し絆を深めることが出来ました。

DSC07980.jpg
DSC07981.jpg

今日も皆、本当にいい顔をしていました。
またこれから皆で協力して共に成長してゆきたいと思います。
明日も頑張ります。

DSC07982.jpg

担当:市川
  • (2014-09-29 18:14:04)
2014/9/10 いのちの森音楽祭から学んだこと
  みなさま、いかがおすごしでしょうか。
数日前、いのちの森音楽祭があり、ファームのメンバーも参加させていただき、大きな学びがありました。

DSC07412.jpg

いまのファームは、芸術的な美意識と、神聖なものを感じさせる完成度が必要だと思います。和太鼓の演奏のような、激しく、ものすごいスピードの波長が、少しも乱れることなく、息ぴったりでひとつの完璧な作品を生み出していること、これまた神業的なスピードのなかに、整然とした鮮やかな美しさがあり、見るものを感動させる舞のうごきに感じたものを、われわれも日々の実践のなかにおとしこんでいかなければならない。

DSC07212.jpg

ひとつの理念のなかで、一人一人の個性が調和し、それがものすごいスピードで回転していく。
そうなったとき、まわりのひとは、農業のなかに、神秘的な感動や完璧なアートを感じるのではないか。

DSC07346.jpg

そしてそれは、なにか特別な訓練や練習、技術ではなくて、日々やらなければならない、ほんとうに地味で地道なしごとをきちんきちんと確実にこなしていくことなのだと気づきました。
その日々の確実な連続が、世界の意識をも変えるのでしょう。

DSC07105.jpg
DSC07590.jpg

担当 小泉
  • (2014-09-29 18:10:07)
今回の学び
2014/09/02
今回の学び


最近草刈払機を3台も立て続けに故障させてしまうということがありました。
何が原因かというと常日頃の整備、メンテナンスを怠っていたからです。

Yさんが新しく5台の草刈払機をホームセンターで買ってきてくださいました。
草刈払機を使う人一人一人に一台専用のものを授与されました。
今後は故障させた場合の費用はその人の責任において負担することになります。
常日頃整備を怠らず道具を大事に使うということを意識しなければいけません。
IMG_2130.jpg
新しい草刈払機を使い嬉しそうなSさん

今回のことは道具を大切にするということを学びました。
しっかりと繊細に大切に扱えば長い間使えるはずですので、しっかりとやっていきます。


草刈がはかどります
新しい草刈払機5台

担当:Y.I

IMG_2126.jpg


IMG_2134.jpg

IMG_2136.jpg
  • (2014-09-02 22:37:48)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79