<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
その他 (89) , 農作業 (74) , 作物の紹介 (30) , 料理 (26) , 作物関係 (23) , ファームの紹介 (22) , 畑整備 (17) , 農作業勉強 (15) , 健康 (14) , 苗について (14) , 加工品 (9) , お客様からのメール (9) , 有機農法 (9) , ファーム建設作業 (8) , 添加物 (7) , 種について (6) , 土作り (5) , 推薦文 (3) , 現代農業の危険性 (1) ,
ARCHIVES
2/14 味噌作り下準備
 皆様こんにちは。
 明日いよいよ、水輪ナチュラルファーム産大豆と米麹で味噌作りをします。
お米と味噌。日本の食生活の中で、最も重要なもの。それを自分たちの手で作ることができるなんて、なんと光栄なことか。

DSCF2636.jpg

大豆: 50キロ
米麹: 60キロ
 塩: 22キロ
煮汁: 30リットル
 塩: 5.4キロ
 
DSCF2639.jpg

DSCF2646.jpg

DSCF2652.jpg

作り方
 1:大豆を1~2昼夜浸す
 2:指で潰して崩れるくらいに煮る
 3:大豆擂り機で潰す
 4:煮汁に塩を混ぜる
 5:麹に塩を揉みながら混ぜる
 6:5に4を入れて、混ぜ合わせる
 7:そこに潰した豆を入れて、良くこねて、耳たぶの硬さにする
 8:樽に入れて表面を布で覆う。(アルコールで樽、布は消毒する)
 9:1割から2割の重しを乗せる。水が上がったら重しを軽くして、1年寝かす。
醤油も、いつか自分たちの手で、、、、、、、
  • (2013-02-15 01:16:28)
2/13 ディスクグラインダーで切る
 皆様こんにちは。
 ファーム男性陣らしい実習が帰ってきました。
ディスクグラインダーでパイプ切りです。

DSCF2613.jpg

DSCF2625.jpg

12月にビニールハウス倒壊があり、その倒れたパイプを活用するためです。
ディスクグラインダーでの実習は、真剣勝負です。ステンレスさえ切ることのできる砥石が、1分間に1万回以上回転しているのです。生半可な覚悟では怪我をしてしまいます。

DSCF2619.jpg

ファームメンバーの中でも、比較的体格が良く且つ、冷静さと集中力を持った実習生WさんとTさんが敢行しました。

DSCF2629.jpg

 いよいよビニールハウス周りの雪かきをして、新ビニールハウス建設が始まります。
季節も、きのう凍てつく寒さの翌日は、屋根から雫が滴るほどの陽気だったりします。
確実に春はやって来ているようです。
 明後日はみそ作りです。写真をたくさん撮りますので、皆様どうかアクセスをお願いいたします。





  • (2013-02-13 23:42:05)
2/12 スタッフ紹介 その1
 皆様こんにちは。
 いのちの森水輪は今、スタッフが5名、アシスタントスタッフが2名、アシスタントスタッフ見習いが2名、研修生が5名います。このメンバーは、それぞれの役割があり、これからの水輪を担っていこうと、日々、研鑽に努めています。
 今日から,このメンバーたちを、順次、紹介させて頂きます。
 まず、トップバッターは、スタッフの小林千紘さんです。

IMG_2727.jpg

 近頃、成長目覚しく、誰もが認めるリーダーです。館内、ファーム、厨房を一手に引き受けて、総リーダーとして活躍しています。下の写真を見て下さい。

DSCF2185.gif

いつもの、千紘さんが皆に指示を出す風景です。明るくテンポ良く指示を出しています。緑色でコーディネートしている女性です。
この、明るく、という言葉を強調しておきます。そうです、千紘さんは、持っているエネルギーが明るく、一緒に実習しているメンバーは、実習がとても楽しくなります。
千紘さんの明るさは、天性と言ってもいいかもしれません。ですから、実習生はみんな、千紘さんのことが大好きです。
 本題に入ります。千紘さんはもちろん、上記に書かれているように、頼りになるリーダーですが、それは決して、一朝一夜に成されたものではありません。みどり先生、研先生の厳しい指導の元、歯を食いしばって努力を重ねてきたからこそ、今の千紘さんがあるのです。それは、スタッフ、実習生の誰もが認めるところです。そして、皆様には是非、水輪通信の最新号#83を読んで頂きたいのです。千紘さんが投稿しています。これを読んで頂くと、千紘さんがなぜ、水輪スタッフを志したのかが、解るでしょう。

IMGP0184.JPG

 皆様も、小林千紘のことを、どうぞよろしくお願い致します。
因みに、「よし!(万事OKという感じで)」と、「よいしょ!(とにかく気付けば、こればっかり言ってます)」が口癖です。



  • (2013-02-13 00:35:36)
2/10 蕎麦挽きは粉まみれ
 皆様こんにちは。

畑ハウス作業場に、テントが張られています。
今日、この中で、蕎麦挽きをしました。

DSCF2563.jpg

水輪ナチュラルファームでは、そば粉、小麦粉、とうもろこし粉全て、自分達で挽きます。
私たちは、それ程自分たちの育てた作物に誇りを持っているということです。
蕎麦挽きの時、テントを張るのは、粉が作業場内に充満しないようにするためです。
蕎麦に対して、アレルギーを持っている人もいるため気を遣っています。

DSCF2577.jpg

 テントの中は、そば粉で充満しますが、ファームメンバーの中で、一番頑強なWさんが
奮闘しています。頼りになります。

DSCF2583.jpg

本当に粉まみれになります。見て下さい、この睫と眉毛を。白髪ではありません、そば粉です。
Wさん、お疲れ様です。

DSCF2584.jpg

今年は、うちのスタッフが、誰かひとり有志で、そば打ちを体得しようと思っています。早く皆様に、いのちの森水輪そばを振舞えるようになりたいです。
ちなみに、いのちの森水輪そばがきは、レストラングリーンオアシスにて、随時提供させて頂いています。どうぞよろしく。


  • (2013-02-10 23:17:12)
2/7 毛布のご寄付を!
 皆様こんにちは。
 実は、水輪ナチュラルファーム、今、毛布がなくて困っています。
そうなんです、ファームと毛布は余り関係ないように思われますが、実はあるんです。
3月に、ビニールハウスが建つと、育苗が始まります。苗が健やかに育つためには、温度管理が要となるのですが、3月の飯綱は、夜間はまだマイナスまで気温が下がるのです。そこで、毛布が大変重要な役割を担ってくれるのです。
日中は、ビニールハウス内で、太陽の光をたっぷりと浴びる苗は、午後3時くらいに毛布の下で、生長の時間に入ります。そして、生長するためには、15~16度の温かさが必要となってくるのです。飯綱は標高1000メートル、この高さで夜間、上記の温度を保つには、どうしても毛布の力が必要なのです。
 そこで、今日は、皆様にお願い致したく、ブログに書かせて頂いています。もし、皆様のご家庭に、必要でない毛布がございましたら、是非、是非ともご寄付をお願い致します。
去年まで使ってきた毛布では、足りなくなってきています。是非、皆様のお力添えを。
水輪ナチュラルファームメンバー一同、こころより、毛布が届くことを待っています。 
皆様、ご拝読をありがとうございます。
  • (2013-02-07 23:53:43)
2/6 味噌作り始まります
皆様こんにちは。
今朝、研先生が簡素へ来られて、スタッフ、実習生と一緒に朝食とられました。その時
話された内容が、とても深いものだったので、紹介させて頂きます。

IMGP0140.jpg

「今年、いのちの森水輪の味噌作りは、全てうちの素材を使います。去年は、大豆はうちのものを使いましたが、麹は違いました。今年は麹もうちの米を使って作ります。私たちは、それが出来るところまできた。これはすごいことですよ。なぜだか解るか?
これから日本には、TPPで、世界中から格安の野菜が大量に入ってくる。でもそれは、農薬漬けだ。そんな中でうちは、少ないながらも、無農薬で野菜を作ることが出来ている。大豆も、米も無農薬だ。無農薬でそれが出来ているのは、日本中で1%くらい。でも、そうやって懸命に、正しいことをやっている人たちが未来を作り上げていくんだ。私はそう信じています。みんなも、ここでやっていること、そして毎日の実習に、誇りを持って励んでください。」

IMGP0141.jpg

 水輪ナチュラルファーム産の、大豆と米麹を使った味噌作りは、2月15日に決行されます。その後、1年の熟成期間を経て完成となります。私たちも、こころ待ちにしています。


  • (2013-02-07 00:37:23)
2/5 ふすまはいかが?
 皆様こんにちは。
今日は、ふすまを挽きました。ふすまとは、小麦の糠、皮のことですね。
ナチュラルファームでは、いつも小麦粉を、グリーンオアシスに出荷をしているのですが、ふすまを出荷することは、なかなかありません。ふすまは、食味に劣るので敬遠されがちです。そこで今日は、「そんなことはない。ふすまの素晴らしさを知ってもらおう!」と思い立ちました。

IMGP0125.jpg

 まず、ふすまは栄養価が高いです。特に、食物繊維が豊富で、体内の余分なコレステロールや脂質を取り込んで体の外へ出してくれます。小腸や大腸の、悪い脂の粘膜もそぎ落としてくれます。そして、ビタミン、ミネラルも豊富に含まれています。ある研究によれば、抗がん作用があり、うつ病にも効果があるそうです。
 更に、ここでお伝えしたいのが、水輪ナチュラルファームの小麦は、農薬一切不使用ということです。農薬は、皮に溜まりやすいのですが、うちのふすまは農薬の心配が一切ありません。ふすまでも、安心して召し上がって頂けます。

IMGP0122.jpg

 いかがでしょうか。私の経験では、ふすまを天ぷらの衣に混ぜたらとても美味しかったです。皆様も、ご家庭で使われている小麦粉に、うちのふすまを足してみては?

IMGP0128.jpg

ネットでも販売しておりますので、是非ともよろしくお願い致します!
  • (2013-02-05 23:37:11)
2/4 熊笹茶と枇杷の葉風呂
 皆様こんにちは。
 ファームの男性陣、今、引っ張りだこです。

これは、熊笹と枇杷の葉を選別しているところです。いのちの森水輪の菓子工房で作る、熊笹茶、枇杷の葉クッキーの材料の選別をしているところです。

DSCF2478.jpg

ファームの男性陣、髪の毛が落ちないよう被り物をして、衛生面に気を配って実習しています。ひたすら選別をすることは、単純作業ですので、集中力が問われます。
無駄話、お喋りは禁物です。意識は食べ物に乗り移ると言われます。
ですから、どのようなこころで実習に取りくむか?

DSCF2483.jpg
  • (2013-02-05 00:14:03)
2/3 手作りの暖かさとは
 皆様こんにちは。
今、館内に飾られている小皿をより良く見せるために、皿立てを改造しています。
もともと、皿立てはこんな形でした。

DSCF2469.jpg

これはもっと美しく皿を見せる余地があります。
皿が並びすぎていて、うるさい感じですね。
そこで、糸のこぎりで切っていきます。ギコギコ、ギコギコ。
こうです。

DSCF2476.jpg

DSCF2477.jpg

ここまできました。
1枚置いてみましょう。

DSCF2474.jpg

いや、
もうひと工夫できそうです。
そこで、こうです。

DSCF2471.jpg

どうでしょうか。
皿の前に立っている2本が低くなりました。
皿がよりきれいにみえますね。
これで完成です。
いのちの森水輪の館内は至るところに可愛らしい小物が飾ってあります。それらは、手作りのものも多くあり、特に壁飾り、壁かけの小さな花瓶は水輪工房「夢子」作で、素晴らしいものばかりです。それは、やはり自分の手でこころを込めて作っているからだと思います。来て頂くゲストがほっとして、癒されるような環境は、第一に清潔、そして手作りの暖かさだとおもいます。
いのちの森水輪、外は白銀の世界で寒いですが、中へ足を踏み入れたら、そこはとても暖かな世界が待ち受けています。
スタッフ、実習生一同、こころよりお待ち申し上げます。

DSCF2421.jpg


  • (2013-02-03 22:49:37)
2/2 冬場は自己を深くみつめるとき
 皆様こんにちは。
 今、この雪深い最中は、スタッフ、実習生にとっては、自己を深く見つめ、内省する期間であります。ファームは休止中、ゲストもそれほど多くはありません。ですから、私たちは極力ミーティングや、勉強会を開いて、気づき、学びを深めようとしています。
 この冬、アシスタントリーダーなるものに、実習生2人が選ばれました。彼らは、リーダーとしての素質があり、今後ファームが始動した時に、どんどんリーダーシップを発揮して欲しい青年たちです。毎晩、アシスタントリーダーミーティングが開かれ、現リーダーの小林、江見のアドバイスを通して学びを深めています。リーダーとして、気分に上がり下がりがあってはいけない。実習生に愛情を持って接する。時間感覚を身につけさせる。皆を引きつけるエネルギーを出す。などリーダーとしての必須条件が話し合われます。

DSCF2461.jpg

DSCF2460.jpg

素晴らしいと思うのは、単に上辺だけの言葉を交わしているのではないことです。お互いが、体験を打ち明け合って、こころのひだに触れるような言葉を交わしています。それは、問題点を見つめ、より成長していくための熟成の時間を持っているということです。
 いのちの森水輪では、互いが仲間として、一切の隠し事をせずに、こころを開いていくということが行われています。この2人のアシスタントリーダーの、輝ける未来が到来することに感謝したいと思います。
  • (2013-02-02 23:09:43)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79