<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
その他 (89) , 農作業 (74) , 作物の紹介 (30) , 料理 (26) , 作物関係 (23) , ファームの紹介 (22) , 畑整備 (17) , 農作業勉強 (15) , 健康 (14) , 苗について (14) , 加工品 (9) , お客様からのメール (9) , 有機農法 (9) , ファーム建設作業 (8) , 添加物 (7) , 種について (6) , 土作り (5) , 推薦文 (3) , 現代農業の危険性 (1) ,
ARCHIVES
3/17 新簡素と私たち
 皆様こんにちは。
 ずっと皆様に見て頂きたいなと思っていたものがあります。それは、いのちの森水輪のスタッフ、実習生の生活の拠点「簡素」です。皆様もご存知のように、簡素は去年、増築工事を終え、今年1月に新簡素としてオープンしました。スタッフ、実習生の人数がここ数年で一段と増えてきたので、「旧簡素では狭いだろう」とみどり先生,研先生が増築に踏み切って下さったのです。
 とても素敵なものを建てて頂きました。厨房など、グリーンオアシスのものよりお金がかかっているそうです。

DSCF3456.jpg

なぜ私たちのためにここまでして下さるのか、それは、研先生によると、素晴らしい環境の中で、私たちにこころを育てて欲しいからということです。簡素は素晴らしいものに囲まれています。建物はもちろんのこと、家具、備品に至るまで、何ひとつ粗悪なものはありません。清楚という言葉がぴったりときます。そのような環境の中で自分の内面をしっかり見つめ、成長して欲しい。 みどり先生、研先生のこのような想いに、私たちスタッフ、実習生は応えなければいけない。粗末に扱ったり、傷つけたりするようなことは決してしてはならない。
簡素の写真は、HPのトップページの左スクロール“フリースクール、生き方と働き方学校”をクリックして頂き、真ん中上方の“青少年生活寮”(左が“青少年に贈る言葉”、右が“食生活の大切さ”)をクリックして頂くとアクセスできます。簡素での生活の様子が活き活きと想像できると思います。

DSCF3460.jpg

 みどり先生、研先生、いつも私たちを指導して頂き、ありがとうございます。
                         担当:飛田
  • (2013-03-17 22:13:43)
3/16 青少年育成公開講座がありました
皆様こんにちは。
今日は、(公財)いのちの森文化財団が主催する、青少年育成公開講座が行われ、(公財)自然農法国際研究開発センターの山田研吾先生を招いて自然農についての講義が開かれました。いのちの森水輪ナチュラルファームで学んでいる青少年達も参加させていただきました。山田先生は、30年以上自然農を実践されている、いのちの森水輪ナチュラルファームにとっては、大先輩です。そんな山田先生に、月一回来て頂いて、自然農について深めています。

DSCF3579.jpg

山田先生に来て頂くと、いつも教えられることは、自然農とは、技術を学ぶことではなく、自然の摂理、道理を学ぶことなのだということです。つまり、作物を育てることを通して、私たちは大いなるいのちの仕組みを学ぶのであって、野菜作りで只単に、ノウハウを学ぶのではないということです。いのちの森水輪ナチュラルファームは、常に、山田先生に教えて頂いていることに立ち返り、安心安全でおいしい野菜作りに精進していきます。
山田先生、本日は誠に有難うございました。

担当:飛田


  • (2013-03-16 23:40:31)
3/14 カブのレシピです
皆様こんにちは。
水輪ナチュラルファームでは、冬の期間、野菜の貯蔵として、大根、ニンジン、じゃがいも、白菜、キャベツ、カブなどがあります。今日は、その中でも、信州名物である辛味大根をとりあげて、レシピを紹介させて頂きます。

辛味大根1.jpg

実は、このレシピは、いのちの森水輪の卒業生である前田恵さんから送って頂きました。
恵さんは、文章を書くことが得意で、このファームブログの担当をされていたこともあります。笑った顔がぴかいちの実習生でした。
 恵さん、ありがとう!

  • (2013-03-14 22:29:14)
3/12 鉢巻きありがとうございます
 皆様こんにちは。
 はちまき頂きました。男性陣で巻いています。

IMGP0087.jpg

 特に、アシスタントスタッフの飛田は大好きで、「巻くと、気が引き締まって、日本男児はこれだ、と思う」と言っています。

IMGP0092.jpg

 頂き物は、決して無駄にせず、必ず使っています。

IMGP0091.jpg

 皆様、いつもいつも、ありがとうございます。







  • (2013-03-13 00:12:06)
3/ 10 ビニール張り始まる
 皆様こんにちは。
 今、建設中のビニールハウスは、骨組みが5棟分終わり、いよいよ8棟分のビニール張りに入っています。今回、新しく建てた骨組は、長さ25m、峰までの高さが4mです。これに、ビニールを張っていくのは、そう簡単なことではありません。8人で、一斉にとりかかりました。

IMGP0051.jpg
IMGP0052.jpg
IMGP0053.jpg
IMGP0055.jpg
IMGP0058.jpg
IMGP0061.jpg
IMGP0059.jpg
IMGP0062.jpg

覚えておいででしょうか? 今年のファームのテーマは「美意識を持つ」です。ビニール張りに関しては、「ビニールに皺を出さない」です。幅7m、長さ35mのビニールに皺を出さないためには、皆の意識を合わせること。研修生江見の先導のもと、お互いに声を掛け合って、こころをひとつにしました。無事、張り終えた時は、皆、お互いにありがとうという気持ちになっていました。そういう気持ちで8棟きちっとつくりあげるつもりです。
  • (2013-03-10 20:16:43)
3/6 松本賢治さん、ありがとうございます
皆様こんにちは。
いのちの森水輪のスタッフ、実習生は、皆様の贈り物を、ほんとうに有り難く思っています。しかし、それをお伝えするということをしてこなかったのは、私たちの大いになる反省点です。これからは「感謝しています」という気持ちをブログ上で随時、お伝えしていきたいと思っております。では、、、松本賢治さん、ありがとうございます!松本賢治さんは、㈱フラワーキッズの社長さんで、洋服の会社を経営されています。

DSCF3314.jpg

去年の暮れ、とても暖かそうなダウンジャケット送って頂きました。しかも新品のものです。
この冬は、このダウンジャケットのおかげで、とても暖かく過ごすことができています。
皆、とても喜んでいます。これからも、日々の実習がんばります。ありがとうございました。

DSCF3315.jpg
  • (2013-03-06 22:13:03)
3/5 励ましのお手紙紹介です
皆様こんにちは。
 今日も古毛布届いています。能見様、福重様、木賊様、ありがとうございます。
福重様から、励ましのお手紙を頂きました。紹介させていただきたいと思います。

DSCF3294.jpg


           “水輪ナチュラルファームの皆様”
 寒い雪の中でのお仕事御苦労様です。
お仕事のあいまにアメとチョコレートのおやつ召しあがって下さい。
心と体の健康第一、気をつけて毎日楽しくすごして下さい。
久保様、先日お電話でうかがった古い毛布の件、古いほこりをかぶっているものや、
敷物アラカルト、どれだけ御利用いただけるかわかりませんが、
少しでもお野菜の生長に使っていただければと思います。
11日よりロンドンに戻ります。
又、ブログで水輪の様子をお知らせ下さいませ。
皆様お元気で。
                                福重久子より

ありがとうございます。アメとチョコレートまで頂いて、活力になります。
明日、ビニールハウス骨組が完成予定です。明後日あたりから、ビニールを張って
いくことになると思います。皆様の励ましで、順調に進んでいると思います。
ありがとうございます。

  • (2013-03-05 21:08:14)
3/3 生きてるって感じる
生きてるって感じる

今日も、ビニールハウス建設
仕上げの段階に入っています。

まだ地面は白い雪の中

金槌を使っての作業中
パイプをさすために
雪を堀り、
薄くなって割れた所から
黒い土が見えて、緑の雑草が生きていた

分厚い雪の下、寒いときで-14℃にもなる中
生きていた

隣にいた実習生Yさん
みつけたことをことと
「雪の中でも生きてるんだね」と
言ったら

「私、苔をみていても
 生きてるって感じます」

「・・・」
(心の中で、あたたかな感動)
1年半前まで
親に心配をかけていた女の子とは
到底思えない言葉
心に沁みました。

DSCF2119.gif

水輪は不思議な場所
成長できる場所

               担当 碇
  • (2013-03-04 13:30:46)
3/2 贈り物をありがとうございます
 皆様こんにちは。
 いのちの森水輪は、皆様に本当に愛して頂いていると感じます。
 励ましの言葉、叱咤激励、ボランティア、ご寄付、皆様の想いひとつひとつが
いのちの森水輪を支えて下さっているのだなあと身にしみます。
今日も、連日のように届く毛布、そして、贈り物がありました。
杉原邦子様から、お洋服、バッグ、ダウンジャケットを頂きました。誠にありがとうございます。こちらは、まだ寒く、大変助かります。早速、皆で着ています。
これは、その時の写真です。

DSCF3040.jpg

DSCF3051.jpg

DSCF3050.jpg

DSCF3056.jpg

スタッフ、実習生共々、今後も力を合わせてやっていきたいと思っていますので、
どうかよろしくお願いいたします。
青木先生も、ありがとうございました。皆、大喜びです。
                            担当:飛田
  • (2013-03-03 00:06:46)
3/1 0.2秒行動とは?
 皆様こんにちは。
 今朝、朝食時、みどり先生から話がありました。ゼロコンマ2秒(0.2秒)で動きなさいとのことです。人から指示されたとき、間髪入れずに行動に移すということです。この教えは、人をとても成長させるなと、私は思いました。
まず、素直なこころを養うと思います。とにかく人の指示に対して即座に「はい!分かりました」と返事をして、行動する。これを繰り返しているうちに、「分かりました!やります!」と心底思えてくるようになるのでは?
次に、切り換える力がつくと思います。今、自分が何をしていようと、それに区切りをつけて、次の行動に移す。ひとつの箇所に留まらずに、ぱっと切り換える力は、職場では必須です。
仕事において、このゼロコンマ2秒行動ほど重要になってくるものはないのではないかと思います。仕事は真剣勝負の場であり、そこで機敏に動けないことほどマイナスなことはありません。そして、それを邪魔するものがエゴです。自分のことしか考えていないこころです。このエゴを、「はい!分かりました、やります!」という行動によって制御していく。続けていけば、ゼロコンマ2秒行動は、澄んだこころを作り上げると思いました。
実は、みどり先生は、以前は3秒と言っていました。それが、いつからか0.2秒に変わっていたのですが、今日、その理由が判ったのです。みどり先生が朝食の時、皆に直接話して下さいました。
「松本賢治さんが私に言ってくれました。3秒じゃだめだよ、みどりさん、うちじゃあ0.2秒だよ、そのぐらいやらないと。松本賢治さんにそう教えてもらったから、うちも0.2秒なのです。皆さんも、0.2秒を体に叩き込んでくださいね」
松本賢治さんは、盛和塾長野の塾生で、(株)フラワーキッズという会社の社長さんです。洋服のチェーン店を経営されています。
スタッフ、実習生は松本賢治さんに、大変お世話になっています。いのちの森水輪での、青少年育成公開講座に、講師として来て頂いています。そして、スタッフ、実習生のためにと、時々たくさんの洋服を持ってきて下さいます。今日も、忙しい中、わざわざ洋服を届けに来て下さいました。下は、その時の様子を撮った写真です。

DSCF3018.jpg

DSCF3015.jpg

DSCF3019.jpg

DSCF3020.jpg

DSCF3022.jpg

この場を借りて、スタッフ、実習生から新ためて御礼させて頂きたいと思います。
松本賢治さん、いつもいつも、ほんとうに、ありがとうございます。

担当:飛田



  • (2013-03-01 22:56:52)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79