<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
その他 (89) , 農作業 (74) , 作物の紹介 (30) , 料理 (26) , 作物関係 (23) , ファームの紹介 (22) , 畑整備 (17) , 農作業勉強 (15) , 健康 (14) , 苗について (14) , 加工品 (9) , お客様からのメール (9) , 有機農法 (9) , ファーム建設作業 (8) , 添加物 (7) , 種について (6) , 土作り (5) , 推薦文 (3) , 現代農業の危険性 (1) ,
ARCHIVES
5/26植え付け1万株やりました!
皆様こんにちは。
 ファームは今、植え付けでとても忙しい期間です。チンゲン菜、野沢菜、カブ、トマト
などなど、続々と植えつけています。午後3時くらいから1万株は最低でも植えつけますので、
そのような時は、助っ人をお願いしています。館内、厨房、母屋、それぞれから助っ人が
来てくださいました。
野菜というのは、やはりいのちを持っていますので、この期間に植えつけなければならない
というものがあります。その時期を逃すと、うまく育たないのです。館内、厨房、母屋の方々
は皆、忙しいのですが、このことを判っているので、快く植えつけにきてくださいました。
 という訳で、今日は、ファーム、館内、厨房、母屋がジョイントした、大々的な植え付け実習
となりました。紹介します、今日の植えつけ精鋭部隊です。

DSCF4899.jpg
DSCF4970.jpg

 1万株完了させました。みんなお疲れ様でした!
 さて、ここで忘れてはならないのは、植えつけという表舞台があれば、必ず舞台裏があるということです。
紹介します。植えつける畝に水やりをして下さった実習生Iさんです。畑ハウスからホースを
引いて畝と畝の間を通すのは気を遣うし大変なことは、みんなわかっているよ、Iさん!
       
DSCF4986.jpg
DSCF4989.jpg

セルトレイに入った苗を取り出し易くするために、苗抜き器という器具を操って、精鋭部隊が効率的に植えつけられるよう動いて下さった実習生Tさん。Tさんは、いつも職人的な仕事を任されます。それだけリーダー江見の信頼が厚いということでしょう。

DSCF4971.jpg

いのちの森水輪の実習、つまりワーキングスタディは、実は、この舞台裏が醍醐味です。
この舞台裏で如何に自己に成り切ることができるか。スタッフ、実習生はこれを究めるために日々研鑽しています。
 他にも舞台裏がいます。畝の上にマルチ張ってくださったのは、集合写真で誇らしげにスコップ
を掲げる実習生Wさんと、一番右端の青いシャツの実習生Mさんです。
 最後に、所用で一足先に植えつけを切り上げて母屋に戻った実習生Sさんと、今日は苗の植えつけには関わらなかったですが、果樹の植えつけをしていた研修生碇さんを紹介させていただいて
終わりたいと思います。ありがとうございました。
 
DSCF4973.jpg
DSCF4990.jpg
  • (2013-05-27 07:30:38)
5/25ようこそいのちの森水輪ナチュラルファームへ!
皆様こんにちは。
いのちの森水輪に、新しい仲間が増えました。実習生のSさんです。
21才の好青年です。自分の可能性を開くためにやって来ました。
いま、ナチュラルファームで毎日実習に取り組んでいます。まだ来たばかりで、
判らないことばかりでしょうが、他のみんなが見守る中、一歩一歩前進しています。
彼にエールを送る意味も含めて実習の様子を紹介します。
 
DSCF4925.jpg
DSCF4929.jpg
DSCF4932.jpg
DSCF4935.jpg
DSCF4939.jpg
DSCF4949.jpg
DSCF4954.jpg
DSCF4958.jpg

印象に残ったのが、机ふきをする姿でした。拭く箇所をしっかりと見てふいていました。
その姿は、いのちの森水輪の実習の基礎である“目の前のことに集中する”姿でした。
Sさん、これから共に学びを深め、成長し合っていきましょう!

  • (2013-05-26 05:15:33)
5/24初のビーバーがけ
人生初のビーバーを使っての除草を行いました。
航介さんにビーバーの使い方を教わって、一面草が伸びている場所を草刈しました。
注意すべき点は回転している刃を石に当てないようにする。自分が今何を刈っているのかをしっかり集中して見ることです。
マルチや作物を切らないように注意します。

DSCF4889.jpg
DSCF4891.jpg

 簡単に草を刈ることができますが、どの程度の回転数でいかに無駄なく草を刈ることができるかによって、使う時間も燃料も違ってきます。
沢山草が密集しているところは回転数を上げて刈って、少ないところは回転数を落とします。
集中力と注意力が必要ですが、草を刈ってきれいにしていく様子を実感でき面白い実習だと思いました。

DSCF4894.jpg
DSCF4914.jpg

皆様こんにちは。
上の文章は、実習生Iさんが書いたものです。ビーバーとは、草の刈り払い機のことです。
Iさんが今日、ビーバーでの草刈りに選ばれたのは、彼が慎重な性格であることと、真面目な人柄であることからです。人生初ということで、どんなことを感じたのか、書いてもらいました。



  • (2013-05-26 05:12:03)
食べ物に感謝する
皆様こんにちは。

DSCF4840.jpg

 私たち、いのちの森水輪ナチュラルファームのメンバーは、野菜、作物を育てている者として、常に感謝のこころを持っていなければならないと思っています。感謝のこころを忘れては良い野菜を育てることが出来るはずがありません。いのちはなぜ育つのか?その不思議さに、畏敬の念を抱き、なんと有り難いことかと感謝する。そうでなくてはならないと思っています。
 私たちは、毎食いただきますをする前に、お祈りをとなえています。“食事のげ”といいます。これをとなえて、感謝のこころを育てているのだと思っています。

 DSCF4846.jpg

 この食べ物は、全宇宙からいただいたもの。
大地、海、空。そこで育まれたたくさんのいのちたち。
人々の労働。
これを頂くに値する人になれますように。
私たちの、不親切なこころを変えて、貪らない食べ方が学べますように。
この食べ物が、私たちの力になり、こころ安らかに過ごせますように。
理解と愛の道を歩むことが出来ますように。
今、世界にたくさんの人々が飢えで苦しんでいることを忘れないように、
このお食事を、頂かせていただきます。

DSCF4849.jpg

 ありがとうございました。
                         担当:飛田
  • (2013-05-24 22:06:53)
5/21こころを込めた温床閉め
皆様こんにちは。
 いのちの森水輪ナチュラルファームの、毎日決まっている最後の実習は何でしょうか。
 それは、温床閉めです。ビニールハウスで育っているポット苗を夜間保温するために、ビニールと毛布をかけるのです。PM6:50にそれは始まります。
その時間が日没だからです。

DSCF4741.jpg
DSCF4743.jpg

 ファームメンバーは、苗を育てることを通して、こころを深めているなと感じます。それは、毛布をかけている姿からも判ります。決して投げやりな感じではやっていません。丁寧に、ありがとうという気持ちを込めてやっているのが判るのです。やはり、苗の、日々の健気な生長を見ているから、そういうこころが沸き起こってくるのだと思います。
 3~4日したら、トマトの苗の植え付けが始まります。そうしたら、トマトの温床閉めは終わります。それまでは、毎日決まったことを、しっかりとやり続けましょう。

DSCF4746.jpg
DSCF4750.jpg

  • (2013-05-22 20:25:54)
5/20たんぽぽの本当の姿
皆様こんにちは。
 これはタンポポの写真です。タンポポは、春先一斉に咲き始め、黄色く春を彩る可愛らしい花ですが、実は作物にとっては脅威です。今の写真も、実はブルーベリーを侵し始めています。タンポポは、とても強い繁殖力を持っていて、その勢いを止めないと作物が負けてしまうこともあります。畝の中に入ってきてしまうタンポポは除去しなければなりません。

DSCF4698.jpg

 先日は、タンポポを除去する実習があったのですが、掘り返してみるとタンポポの根っこはこんなに大きくて太いのです。生命力の大盛なはずだと思いました。そして、実はこの根っこが有用なのだということを知りました。

DSCF4700.jpg

タンポポコーヒーをご存知ですか?
 この根っこを炒って粉状にしたものをお湯で煮出すとコーヒーのような味のお茶になるのです。これが結構美味しいのです。しかもカフェインレスです。皆様も一度試されてみてはいかがですか?

DSCF4791.jpg

 作物にとって脅威だとばかり思っていて、その有用性にちっとも気付いていなかったことは反省しなければなりません。ちょっと視点を変えれば、違った姿が見えてくるのだということを、タンポポから教えて頂きました。



  • (2013-05-21 21:33:59)
5/19すぎな沢山採りました
皆様こんにちは

今日は午前中すぎなを採ってきました。
ありがたいことにすぎなは水輪ナチュラルファームの田んぼのすぐ横の土地に山のように生えているんです。

DSCF4808.jpg
DSCF4809.jpg

今日採ってきたすぎなは洗って、乾燥させて、焙煎し、すぎな茶やクッキーにしたりしてグリーンオアシスの売店などで販売したりしています。
すぎなにはたくさんの栄養成分が含まれていて「ミネラルの宝庫」とも呼ばれるくらいなのだそうです。

DSCF4795.jpg
DSCF4798.jpg

飯綱の大自然の中で育ったすぎなを使った加工品をぜひ召し上がってみてください。
 
                                  担当 市川



  • (2013-05-20 07:25:43)
苗の水遣りは繊細そのもの
皆様こんにちは。
 苗の水遣り、それはそれは気を遣う実習です。
 まず、苗に冷たい水は厳禁です。苗はびっくりして生命力を削がれてしまいます。25℃くらいの水であげます。その水も、25ℓタンクに入れて、背中に背負って水やりするのは一苦労です。とても重いからです。

DSCF4765.jpg

 特に、トマトの苗の水遣りは本当に気を遣います。トマトはアンデス原産で、乾燥を好みます。去年、葉っぱに無闇に水をかけて病気を出してしまったことがあります。その教訓からも、今年は細心の注意を払って、写真からもお判りになるように、長い鉄のチューブを使って、その先端が苗の株元に来るようにして水遣りしています。この水遣りは、ポットにして約2000、それに加えてセルトレイもあるのです。この実習は、繊細さ、体力、根気の3拍子が求められます。

DSCF4767.jpg
DSCF4768.jpg

 この苗の水遣りには、ファームメンバーの中でも特に繊細な実習生Kさんが選ばれました。彼は、ファームの中をいつも全速力で走り回っている、とても爽やかな青年です。水遣りも、毎日苗に話しかけるようにしてくれています。
そんなKさんがお世話している苗です。ネズミ番の連中も苗は必ず守るという意気込みでいます。皆様、今晩も行ってきます!

DSCF4773.jpg

                         担当:飛田




  • (2013-05-18 22:39:48)
5/16虫カットストロング張っています
皆様こんにちは。
先日、私たちが夜通しで、ねずみを見張っていることは紹介させて頂きました。そして今、天候が暖かくなってきたので、ファームは新たな対策を講じています。虫対策です。

DSCF4702.jpg

今まで苗にトンネルをかけて寒さ対策をしていたのですが、そのトンネルを剥いで代わりに防虫ネットを張っています。ネットを張っていれば虫は侵入できず、中の苗は守られます。
農薬や殺虫剤を使えば、大いなるいのちの循環を断ち切ってしまいます。それは、私たちの理念に最も反することですので、防虫ネットを張って虫対策をしているのです。

DSCF4703.jpg

このことを判ってやっているのと、わからずにやっているのとでは大きな違いです。いのちの森水輪ナチュラルファームのメンバーは、いのちの大切さを解っているからこそ、多少ハードな実習でも喜んで、そしてやりがいを持って
臨んでいるのです。

DSCF4707.jpg
                       担当:飛田



  • (2013-05-18 22:33:52)
5/12集中して励む姿は、美しい
皆様こんにちは。
集中して実習に打ち込む。それは一所懸命にやるということ。
ファームに出て、その一所懸命さに出会うと感動します。
そうです、集中して励む姿は美しいです。
今日は、そんな美しい姿を紹介します。

DSCF4123.jpg
DSCF4195.jpg
DSCF4405.jpg
DSCF4598.jpg
DSCF4601.jpg
DSCF4651.jpg


どうです? みんな美しいとは思いませんか?
今年の、いのちの森水輪ナチュラルファームの目標は、美しい畑を作り上げることです。このことは、実は私たちが目の前のことに一所懸命になることから始まるのだということが、今日のこの写真からわかりました。
きっと皆の一所懸命さは伝わって、野菜も素晴らしく美味しくなるでしょう。 

  • (2013-05-14 05:41:11)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79