<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
その他 (89) , 農作業 (74) , 作物の紹介 (30) , 料理 (26) , 作物関係 (23) , ファームの紹介 (22) , 畑整備 (17) , 農作業勉強 (15) , 健康 (14) , 苗について (14) , 加工品 (9) , お客様からのメール (9) , 有機農法 (9) , ファーム建設作業 (8) , 添加物 (7) , 種について (6) , 土作り (5) , 推薦文 (3) , 現代農業の危険性 (1) ,
ARCHIVES
2014/11/15 野沢菜づけだよ!全員集合!
皆さんごきげんよう。綾人でございます。
先日、水輪恒例行事の「野沢菜づけ」を開催しました。
野沢菜づけとは文字通り野沢菜の漬物です。信州の方なら知らない人はいないかと思います。
なんとも言えない懐かしい味で、北信では食卓になければならない存在です。東北出身の自分もふとした瞬間に無性に食べたくなります。

DSC08799.jpg

DSC08786.jpg

水輪ナチュラルファームで育ってくれた野沢菜を収穫し、4つの樽に水をためて一つの野沢菜を4回洗います。今回は幸い暖かい日でしたので良かったのですが、普通ならば寒風に体を震わせながら冷水で野沢菜を洗うというとても厳しいものだそうです。
仕上げは野沢菜づけ歴半世紀の我らが研一先生がしてくれました。

DSC08796.jpg

DSC08790.jpg

DSC08787.jpg

DSC08791.jpg

みんなで一生懸命に漬けた野沢菜づけは冬の貴重な食べ物になります。

数十年前まえまではこの野沢菜づけは北信の家庭ならどこもするような名物行事だったようです。この時期になるとどこの家庭も玄関前に樽を出して野沢菜洗いがはじまったそうです。しかし今ではすっかりこの伝統が廃れてしまい、野沢菜づけをする姿はあまり見られなくなってしまいました。
私たちはこのような伝統を守って、将来世代へ受け渡していくという意味もあって野沢菜づけをしています。
なぜ、伝統を守り、引き継いでいかなければならないのか。
それは伝統とは古人の知恵の結晶でもあるからです。
昔、雪がつもり作物が獲れない冬に何を食べるか。それはいのちがかかった死活問題でした。そのなかでお野菜を上手に保存し、食べていくために「漬ける」ということをしたのです。

DSC08785.jpg

今はスーパーに行けばどんな季節でもある程度の野菜が並んでいます。だからそんな伝統は古臭いと思う方もいるかもしれません。しかし、そのお野菜が並ぶには見えないところで多くのエネルギーがかかっているのです。野菜を育てるために暖房をたく石油、暖かい地域で獲れた野菜を運ぶための燃料。もし災害、エネルギー危機、何かが起こって一つでも抜ければ食べ物は手に入らなくなってしまいます。

そんなとき、改めて人々は伝統の大切さに気づくのかもしれません。

少しずつ、できることからはじめていきたいと思います。
今日も一日生かされたことに感謝感謝です。

DSC08783.jpg

担当 綾人
  • (2014-11-14 10:13:58)
2014/11/11 果菜類片付け
今日は館内で働いている人と合同で来年に向けての畑の畝整備をしました。
行ったのは果菜類の片付けです。

IMG_3343.jpg

IMG_3344.jpg

IMG_3345.jpg

引っこ抜き、通路に並べて、トラクターで砕いて堆肥にします。
引っこ抜いた後はマルチをはがすのですが、これが手ごわかったです。
マルチをはがした後は、刈り払い機で雑草を刈りました。
今日はここで終わりました。

IMG_3346.jpg

IMG_3348.jpg

IMG_3349.jpg

IMG_3350.jpg

もう冬で雪がそろそろ降り始めます。
雪が降る前に畝を作っていかなければなりませんので皆頑張っています。
これからいい野菜を作れるよう頑張ります。

担当:S
  • (2014-11-13 21:05:00)
2014/11/10 種を取ろう
皆様こんにちは

水輪ナチュラルファームでは自家採取にも取り組んでいます。
豆やそばなどの穀物、人参やごぼうなどの根物、野沢菜などの葉物、ナスやピーマンなどの実物などなど出来るだけこの土地でとれたお野菜の種をとり、本当に安心安全なお野菜作りを目指しています。

DSC08457.jpg

DSC08458.jpg

毎年少しずつ、種を取る野菜の種類を増やしています。
今年も秋で寒くなったためナスやピーマンなど、実物のお野菜の種用の実を収穫しました。
春に植え付け、その中で育ちの良い木を選び、選んだ木からは実を取らずにしっかり実を大きくします。そしてこの秋にしっかり大きくなって熟した実を収穫するわけです。
そこからさらに、常温で追熟させて行きます。それだけの長い時間を経てしっかり熟した実から初めて種を取ることができます。

DSC08459.jpg

DSC08461.jpg

種取りが完了したときは本当に感動です。
そしてその種を春に播いたとき、小さな一粒から芽が出ます。その芽が育つにつれて立派に成長ししっかりとした木になり、秋にはまた熟した実から種が取れる。そしてそこからまた芽が出てくる。
そのような植物たちの生き方に、私たちは感動をもらい元気をもらっています。
本当に素晴らしいことだと思います。

DSCN5546.jpg

DSCN5714.jpg

今年も終わりに近づいてきていますが、残りの期間頑張ります!

担当:市川
  • (2014-11-13 20:50:37)
2014/11/7 一斉清掃
みなさんこんにちは。
今日は畑実習ではなく、メンバーを総動員して、飯綱区の溝掃除をやりました。

昨日までの段階で、研一先生に一人でだいぶ進めていただいていたので、それを引き継ぐ形で朝食後にスタートしました。

毎年2回ほど行う恒例の行事ですが、今回も大変な量の落ち葉が溝に堆積しておりました。

ここ飯綱区はご高齢の方が多く、若い人員を駆り出せるのは、ここ水輪ぐらいしかありません。
一人でやろうと思ったら、気の遠くなるほどの仕事量ですが、そこは水輪ならではの人海戦術です。
一気に終わらせる勢いで、みんな気合が入っていました。
とにかく竹箒で溝に落ち葉を払い落として、それから溝に溜まっている大量の落ち葉を手ですくい上げてドラムバッグに入れ、その中身を道路の左側の崖下に落として捨てていく作業をひたすら人数を分散させて繰り返していくことを行いました。また泥すくいなども同時並行で行いました。

IMG_0010.jpg

IMG_0012.jpg

IMG_0015.jpg

午後は霧も出てきて気温も下がってくる中、みんな気力を振り絞って頑張りました。
結果、今日一日で全体量の半分以上は終わらせることができたのではないかと思います。

IMG_0020.jpg

夕食時には、みどり先生からご褒美の手作りケーキも送られてきました。
みんな大喜びでした。

今日学んだことは、やはり大きな仕事をなすには、大勢が集まって気を高めるということです。
人間如何に優れた資質を持っていても、個々の力など微々たるものです。
それよりもいかに集団をうまく動かしていくかが、人生で大きな成功を収められるかどうかの鍵になってくると言えます。

IMG_0025.jpg

IMG_0034.jpg

その一つが如何にリーダーシップを発揮していくかであるし、もう一つが如何に渦の中心となって全体の気を高めていけるかということです。
今日一日を通してスムーズに仕事が運んだのは、全体の気が高まっていたからだと思います。
今後は、畑の圃場整備の方でその力を発揮できるように、メンバーの意識付けを行っていきたいと思います。

担当 綿引
  • (2014-11-13 20:42:13)
2014/11/02 大根
 みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
 いよいよ大根が収穫されてきました。
大根やカブ、ニンジンは、水で洗うとほんとうにうつくしいのです。
大地からこんなにも鮮やかな個性がたちがとびだしてくることに感無量です。
ほんとうにありがとう。

DSC08679.jpg

DSC08680.jpg

DSC08683.jpg

DSC08684.jpg

担当:小泉
  • (2014-11-03 06:52:47)
2014/11/01 一球入魂
みなさんこんにちは。
今日は比較的暖かくて過ごしやすい日和でした。

今、畑は時間との大勝負をしているところです。
雪が根雪になって、畑実習ができなくなるまで時間がありません。
実質あと一ヶ月というところです。やることはたくさん残っています。
今日も午前中は、マルチはがしをして、圃場整備をすすめました。

IMG_2354.jpg

午後は、玉ねぎの植え付けです。植え付け時期を少し過ぎてしまった苗で、育ってほしいと祈るような気持ちで植え付けました
。植えなければいけない数もたくさんあるので、今日も全員一丸となって、大急ぎで進めていきました。ソニック、ネオアースなど、なかなかおしゃれな名前の品種です
。根っこが長くて、すべての根っこを地面に植え込むのはなかなか至難の業ですが、魂を込めてやりました。まさに一球入魂です。

IMG_2355.jpg

IMG_2358.jpg

野菜だって、皆心をもっています。玉ねぎたちもきっと答えてくれるでしょう。あとは来年しっかりと草刈をするだけです!

IMG_2353.jpg

担当 綿引
  • (2014-11-01 17:28:42)
2014/10/28 収穫の秋
皆様こんにちは

食欲の秋、スポーツの秋、収穫の秋、ここ「いのちの森水輪」のある飯綱高原も秋真っ盛りとなっています。

畑で毎日実習しているメンバーも食欲旺盛。先日はこの飯綱地区、芋井地区で運動会も開催され水輪メンバーも参加しました。

IMG_2276 (2).jpg

IMG_2281 (2).jpg

そして、水輪の畑でも秋の恵みを沢山いただいています。
サツマイモ、里芋、人参、大根、ごぼうなどの根物はもちろん。今年はシイタケやなめこなどのきのこも収穫でき、「グリーンオアシス」で宿泊していただいているお客様にお出ししたりしています。田んぼでは今年のお米も収穫期を迎え、刈取り、脱穀を行っています。

DSCN6432 (2).jpg

DSCN5791 (2).jpg

DSCN5845 (2).jpg

IMG_2979 (2).jpg

IMG_2988.jpg



山の紅葉も美しく、夕方には夕日の中を多くのトンボが飛び、動物たちは冬に備えあちらこちらに姿を現し山の木の実などを集めている。そんな季節です。
春夏秋冬、全ての季節にそれぞれの魅力があり、素晴らしさがあります。
その中で、私たち人間はこの大自然の恵みをいただいて毎日生きている。
今日一日、その恵みをいただいて生きている。生きているということは働くということ。働くということはその恵みに感謝し、一生懸命に生きるということ。

DSCN5824 (2).jpg

DSC06027 (2).jpg

「今日一日、自分が恵みをいただけた事に心から感謝し、未熟ななりにも一生懸命に生きるが出来ただろうか」ということを自分の中で内省し感じているこのごろです。

今日も一日ありがとうございました。
担当:市川
  • (2014-10-28 21:36:18)
2014/10/27 喜びの声をいただきました
いつもファームのお野菜を出荷させていただいているナチュラルハーモニーさんのお客様から喜びの声を頂きました。
皆様の安心、安全、味は最高のために日々頑張っておりますが、このような声を頂くととても暖かい気持ちになり、逆に元気づけられます。

いつもお世話になり、ありがとうございます。
前々回届けていただいたミニトマトを、おやつに子供達がぺろっとたいらげてしまいました。そして「もっとミニトマトたべたーい!」というのですが、もうないので、仕方なく近所のスーパーで買ったミニトマトを、素知らぬ顔でだしました。「ん!なんかこれおいしくなーい!ほんまに自然栽培のミニトマト?」ときかれました。「全然味が違う!」といっちょまえなことを言っていました(笑)
前回、またミニトマトが入っていたので、子供たちが返ってくる前に、一つ食べてみました(いつも子供達がぱくぱくぱくっと食べてしまい、私の口には届かないので(笑))。
食べてびっくり、本当に味が全然違っており、あー、トマトってこんなにおいしかったんやー♪と、幸せな気分になりました。
ありがとうございました。
滋賀県草津市 A.T様


2008_1018DP.jpg

IMG_0698.jpg

p6300258.jpg

PA030271.jpg

ミニトマトの季節は終わってしまいましたが、大根、カブ、野沢菜などは今がおいしい季節です。
安心、安全、味は最高の生活を今から始めましょう!
お野菜定期コースについてのお問合せ、お申込みは以下まで。

いのちの森水輪ナチュラルファーム
TEL:026-239-2630
FAX:026-239-2736
Email:farm@suirin-naturalfarm.com

担当:菅谷
  • (2014-10-27 09:32:35)
2014/1025 ペンキ塗り
 みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
 ファーム総出で、来年いのちの森ホームになる予定の建物の壁のペンキ塗りをしました。ペンキ塗りはけっこうむずかしくて、ペンキが垂れないように、かつスピーディーに塗っていくのは集中力の修行になりました。高所でのしごともしかり。
 この集中力を生かして、日々のしごとを一生懸命おこなっていきたいです。

DSC08568.jpg

DSC08569.jpg

DSC08571.jpg

DSC08572.jpg

DSC08573.jpg

DSC08574.jpg

担当:小泉
  • (2014-10-26 11:46:34)
2014/10/22 原町聖愛保育園からお便りを頂きました
水輪ナチュラルファームでは、東北支援の輪を広げよう。私たちは忘れない!ということで、原子力発電所24.5kmのところに今でも住み続けている子供たちにお野菜を送ろうと、福島の保育園に30年間ファームのお野菜を送り続けることをしています。
その保育園の一つ、原町聖愛保育園からお便りをいただきましたのでご紹介させていただきます。

いつも新鮮なお野菜をありがとうございます。
本日届きました箱を子どもたちと一緒に開けてみました。
子どもたちには
「秋のお野菜は何かな?」と尋ねると、
「お芋じゃないの」
「たけのこかな」
「トマトは夏の野菜だし・・・」
「人参や大根なんじゃないの・」
などなどいろいろな言葉が飛び交っていました。
1番先に目にしたのは、ピーマン。
「わ~っいっぱいあってすごい!!!」
園長先生が「生でピーマン食べられるんだよ」
えー?
そして園長先生がパリパリ食べると
子どもたちも真似をしてそのまま丸かじり。
「辛くなくっておいしい」
「あまーい」
「本当だ!」
・・・嬉しくて楽しい時間を過ごしました。
本当は給食にでるお野菜の苦手さんも
率先して「おいしい~」と食べていたのを回りの先生方が
みて驚いていました。
今日お迎えにきたときにお家の人に
お知らせしたいと思います。
新鮮なお野菜と嬉しい時間を過ごせましたことに感謝したします。
移り変わりの季節です。
皆さまのご健康が守られますように、お祈りいたします。

原町聖愛保育園  主任保育士 高田公恵


P1250599.jpg

P1250600.jpg

P1250609.jpg

P1250610.jpg

皆さんも支援の輪に入りませんか?
お野菜定期コースにお申込みいただくと、1週間に一度東北の子供たちにあなたのお名前で送られます。
子供たちの喜ぶ顔を多くの方々にご覧いただきたいと思います。私たちもとても幸せです。

資料・お申込み希望の方は以下までご連絡下さい。

いのちの森水輪ナチュラルファーム
TEL:026-239-2630
FAX:026-239-2736
Email:farm@suirin-naturalfarm.com

担当:菅谷
  • (2014-10-26 11:36:52)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79