<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
その他 (89) , 農作業 (74) , 作物の紹介 (30) , 料理 (26) , 作物関係 (23) , ファームの紹介 (22) , 畑整備 (17) , 農作業勉強 (15) , 健康 (14) , 苗について (14) , 加工品 (9) , お客様からのメール (9) , 有機農法 (9) , ファーム建設作業 (8) , 添加物 (7) , 種について (6) , 土作り (5) , 推薦文 (3) , 現代農業の危険性 (1) ,
ARCHIVES
6/15俊介くん、ありがとう!
皆様こんにちは。
 6月2日の水輪ブログをご覧ください。榎田さんが、そばを打ちに来てくださっています。その榎田さんが、今日もそば打ちをしに来てくださいました。
榎田さん、いつもいつも、おいしいそばをありがとうございます。
 さて、今日はもうひとり来てくれました。榎田さんの息子さんの俊介くんです。俊介くんは、お父さんの付き添いできましたが、水輪ナチュラルファームを体験しに来てくれました。
 俊介くんは小学校5年生、野球と算数が大好きで、「俊介の好きな食べ物何?」と聞いたら、「魚(鯛)、とうもろこし、枝豆!」と答えてくれました。とうもろこしと枝豆が好きだなんて、俊介くんは、いのちの森水輪ナチュラルファームに出会えて本当にラッキーです。俊介くん、うちのとうもろこしと枝豆は、冗談抜きで、世界一ですよ。7月になったら是非食べにきてね!
 俊介くんが、今日ファームで体験したのは、ごぼう切りです。保存してあるごぼうから茎が生え始めたので、それを切る実習です。さて、いのちの森水輪は、学びの場です。小学生という未来の宝が現れたからには、何かを伝えなければなりません。
 今日は、集中と時間、これを学んでいただきました。コンテナ一杯のごぼうを15分以内で終らせること。終らせるために集中すること。俊介くんに、これらを、チャレンジしてもらいました。

IMGP0065.jpg
IMGP0066.jpg
IMGP0068.jpg

 結論から言いますと、俊介くんは2つともクリアしました。無駄話もせず、聞いてくるのは、ごぼうの切り方などの仕事の話で、基本的には、無言でたんたんと、ごぼう切りに集中していました。俊介くんは、きっと野球を一所懸命にやっているのだと思います。だからこそ、ごぼう切りにも一所懸命打ち込めたのだと思います。
 俊介くん、野球に集中することと、ごぼう切りに集中することは同じなんだよ。今日の、君のごぼう切りを見ていて、君がもっともっと、野球がうまくなるだろうなと思いました。これからも頑張って練習しろよ!そして、私たち、いのちの森水輪ナチュラルファームのメンバーも、俊介くんに負けないように頑張って野菜作るからさ、またいつでも来てください!
 俊介くん、今日は本当にありがとう!

IMGP0072.jpg
                     担当:飛田


  • (2013-06-19 23:11:26)
6/13あんどんをご存知ですか?
皆様こんにちは。
皆様はあんどんをご存知でしょうか。

DSCF5307.jpg
DSCF5308.jpg
DSCF5312.jpg
DSCF5315.jpg

ご覧になっている紙袋、畝の上に1列にならんでいます。これが、あんどんです。あんどんは、とても大切な役割を持っています。夏野菜を寒さから守るという役割です。ナスやピーマンはずっとビニールハウスで育ってきましたので、露地へ出たら、まだ夜の気温や風は寒すぎるのです。ですから、あんどんで、野菜をひとつひとつ囲っています。
野菜も多種多様です。野菜ではありませんが稲は、実は、ある程度の寒さにはびくともしません。5℃くらいまでは何とか耐えてくれます。一方で、ナス、ピーマンのような、あんどんを必要とする野菜もある。
ナチュラルファームのメンバーたちは、このように、多種多様な野菜、作物を通して、つまり実践を通して、様々な学びをさせてもらっているのです。

                       担当:飛田

  • (2013-06-14 21:58:07)
6/12笑顔って素晴らしい.doc
皆様こんにちは。
今日は、種まきの様子を紹介します。
くらかけ豆をご存知でしょうか。ひたし豆にするとおいしい豆です。
今日は、そのくらかけ豆の種まきをしました。
メンバーは、実習生のTさん、Sさん、Rくんです。

               IMGP0008.jpg
IMGP0009.jpg
IMGP0011.jpg
IMGP0013.jpg
IMGP0023.jpg

 Rくんについてですが、今日初めて、カメラに向かって笑顔を見せてくれ
ました。いのちの森では、一番の新人です。今までは、周りの環境になかなか慣れず、笑顔もあまり見られませんでした。そして、ここがいのちの森水輪の素晴らしいところですが、皆で24時間を共にすることによって、Rくんの心も少しずつほぐれてきたようです。種まき、なかなか集中してやっていたようですし、それに加えてきょうの笑顔です。
 人間は変われるのです。素晴らしくなれるのです。Rくん、今日は
ありがとう!
                       担当:飛田

  • (2013-06-14 21:54:17)
6/11松本さん、いつもありがとうございます
 皆様こんにちは。
 ファームメンバーは、昼間はもちろんファームで実習をしています。
夜は何をしているかと言いますと、お客様がいらっしゃる時は、主にグリーンオアシスの厨房の片付けをしていることが多いです。
 そのグリーンオアシス厨房の片付けですが、バンダナをつけることが義務づけられています。片付け中、髪の毛が落ちないよう、衛生面に配慮しています。

この写真は、みんながそのバンダナを巻いたところです。バンダナは、実は、いのちの森水輪のスタッフ、実習生が大変お世話になっている松本賢治さんから頂いたものです。バンダナには、松本賢治さんが経営されている(株)フラワーキッズのロゴが入っていて、お客様がいらっしゃる時は皆でこのバンダナを着けようということになり、今回の養生塾の期間中はみんなで着けました。松本さん、この度はとても着け心地の良いバンダナを頂きまして、ありがとうございました。このバンダナを着けて、元気一杯にお客様をお迎えしています!

  • (2013-06-14 21:51:45)
6/10いのちの森のりんご
 皆様こんにちは。
いのちの森水輪ナチュラルファームで、林檎の木を植樹したのは、あれは5年ほど前だったか、当時は苗木で150cmくらいしかなかったのが、今では3~4mくらいまで大きくなりました。ナチュラルファームの中でも一番日当たりの良い場所を陣取って、すくすくと育ってきました。約二十数本の、ふじ、紅玉、津軽です。

             DSCF4828.jpg

りんごは、農薬無しには絶対作れないと言われている果実です。病虫害にやられ易いということです。農薬を使わないで作るりんご。私たちは、それに敢えて挑戦しようとしています。なぜならば、農薬漬けにしたリンゴを人様に届けても、それは何の意味もないからです。私たちは、いのちが本当に喜ぶものを、世の中に届けるべきだと思っています。
この写真を見てください。
              
DSCF5184.jpg
DSCF5185.jpg
DSCF5188.jpg


りんごの実です。まだ結実したばかりの、赤ちゃんりんごです。花のかんむりをつけて、なんと可愛らしいことでしょう。私は、このちっちゃな実を、この前、生まれて初めて見て、本当にこころが優しくなりました。このいのちが、良く育つことを見守って、ぜひ手助けしていこうと思いました。いのちには、人を感動させる力があるなと思いました。
ここいのちの森水輪のワーキングスタディーも、根底にいのちの力があるからこそ、お互いに高めあっていけるのです。もしそこに、いのちに対する感動がなかったら、無関心が存在するだけです。ですから、スタッフ、実習生はもっともっと、お互いに切磋琢磨しあわなければなりません。そのようなことを、
赤ちゃんりんごから感じた、つい先日でした。ありがとうございました。
                             担当:飛田

  • (2013-06-12 21:22:11)
6/7恵みの雨は力水
 皆様こんにちは。
 とうとう、待ちに待った雨が来ました。午後3時過ぎ、ゴロゴロと空で音が鳴ったと思ったら、急に降ってきました。雨足は一気に強まり、まさしく土砂降りとなりました。ファームにとっては「恵みの雨」、「ちから水」、メンバーたちは嬉しくなって雨の中を駆け出したほどです。

DSCF5199.jpg
DSCF5201.jpg
DSCF5203.jpg

 これでファームの野菜は加速的に育っていくでしょう。明日、野菜たちに会うのが楽しみです。雨の翌日の野菜というものは、本当に生命力に溢れていて、こちらが気おされてしまう程です。
 そんな、いのちの森水輪ナチュラルファームの野菜は、皆様方に味わって頂いてこそのものなのです。私たちは一所懸命育てます。皆様方も是非、こちらにお越し頂き、うちの野菜をお楽しみください!

P1050374.jpg
P1050395.jpg

                       担当:飛田


  • (2013-06-07 22:34:56)
6/6田植え無事終了しました。
皆様こんにちは。
 いのちの森水輪ナチュラルファームの水田の田植えが無事終了したことを
報告させて頂きます。
 苗をご覧下さい。

DSCF5109.jpg
DSCF5111.jpg
DSCF5112.jpg

根っこがびっしりと張っているのがお判りになるでしょうか。田植え初日、田植え機に苗を置くために、育苗箱から苗をはがして、その根っこを見た瞬間に確信しました。今年の稲はきっと元気に育っていくだろうと。そして、つくづく思いました。大切なのはみてくれではなく土台なのだと。うちの苗は、外見は背丈も低く、色付きも薄みどり色で、ぱっと見、貧弱に見えます。でもそれは、葉っぱや茎を多少犠牲にしても、苗自身が根っこを育てるためだったのです。私は、正直に「苗よ、お前は凄い!」と思ってしまいました。そして、学びました。人間も然り。人間も、本当に大切なのは、
みてくれではなく土台なのだと。いのちの森水輪で実習に励んでいるスタッフ、実習生はこの土台作りにしているのです。そのためには、日々の実習を一所懸命、集中してやり続けるしかありません。今日は、そのことを稲から教えて頂きました。
 さて、機械で田植えを終わらせた後は、補植です。機械で植え切れなかったところに、手で植えつけていくのです。館内の女性陣にも来て頂き60a分の補食をしました。総勢12名で、一気に一日で終らせました。皆様お疲れ様でした。

               DSCF5150.jpg
DSCF5151.jpg
DSCF5155.jpg
DSCF5170.jpg
DSCF5173.jpg
 
                       担当:飛田

  • (2013-06-06 19:31:36)
5/31田植え始まります
 皆様こんにちは。
 いよいよ、明日から田植えです。
 この約40日間、苗作りに励んできました。想いを込めて育ててきたつもりです。
秋には、たわわに穂をつけてほしいと想いながらやってきました。
苗は、ちょっと背丈が低いです。でも、背が低い分、根っこがびっしりと張っています。
ですから、田んぼの土の養分をたっぷりと吸ってくれることを期待しています。

DSCF5085.jpg
DSCF5093.jpg

いざ明日、田植えです。ここまで来たら苗の持つ、生きる力にまかせようという気になりました。
大自然の力に委ねようという気持ちになりました。自分があくせくとやってきたことは、
ほんとうにちっぽけなことで、あとは大いなる自然にお願いしようと思います。
 明日は、日本人が縄文の古代から続けてきた稲を植えつけてきます。
どうか、無事に終わりますように。合掌。
                          担当:飛田

  • (2013-06-01 12:17:05)
5/30佐々木様ありがとうございます
皆様こんにちは。
 いのちの森水輪ナチュラルファームお野菜定期コースの出荷が
始まっています。
 瑞々しい野菜の数々、一所懸命に実習に励むスタッフ、実習生たちをご覧ください。

                 DSCF5058.jpg
DSCF5059.jpg
DSCF5061.jpg
DSCF5066.jpg
DSCF5068.jpg
DSCF5069.jpg
DSCF5070.jpg

 お野菜はもちろん採れたてを袋詰めします。今日のお野菜は、待ち侘びた雨が昨日降ったからか、
とても活き活きとしています。そして、現場では時間を計って、お互いに声を掛け合い志気をあげながらやっています。集中して励むと野菜も輝いて見えるものですね。
 先日、私たちに勇気を与えて頂いたファックスが届きました。私たちの野菜が届くのを待っていたという一報でした。
 佐々木様、ありがとうございます。ファックスを拝見して、いのちの森水輪スタッフ、実習生
全員が、涙が出るほど嬉しかったです。これを機に、より一層おいしい野菜を作っていこうと、
皆で一致団結しました。
 皆様、一所懸命がんばります!
                               担当:飛田

  • (2013-05-31 21:54:01)
5/29うちの麦
皆様こんにちは。
麦が順調に育っています。

DSCF4906.jpg

 ご覧ください。青々と、そして整然と並んでいます。これは、去年の10月に種を播いて、
発芽したものを、ひと冬雪の下で寝かせておいたものです。

DSCF4909.jpg

 この写真が、去年の麦とどこが違うかと言いますと、雑草が写っていません。今年は、植え付け量も去年とは比較にならないほど多いですが、実習の合間を縫って除草をした成果です。
 何事も、ここだというチャンスを逃さずに、確実に実行すると、それなりの結果が出てくる。
麦畑の前を通る度に感じるのが「美しい」ということ。そして、麦から生命力を感じるということ。
 ひとつひとつを実行に移して、美しい畑を目指します。

DSCN0425.jpg
  • (2013-05-30 20:56:18)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79