<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
その他 (89) , 農作業 (74) , 作物の紹介 (30) , 料理 (26) , 作物関係 (23) , ファームの紹介 (22) , 畑整備 (17) , 農作業勉強 (15) , 健康 (14) , 苗について (14) , 加工品 (9) , お客様からのメール (9) , 有機農法 (9) , ファーム建設作業 (8) , 添加物 (7) , 種について (6) , 土作り (5) , 推薦文 (3) , 現代農業の危険性 (1) ,
ARCHIVES
10/26唐辛子採れてます
皆様こんにちは。
もうすぐ11月です。いのちの森にはそろそろ霜が降りるでしょう。
したがって作物の収穫が急ピッチで進められています。
今年も、最高の唐辛子が採れました。
DSCN0600_.jpg

いのちの森水輪の七味唐辛子は、厨房スタッフ鷲尾さん特製で、お客様にも大評判。人気商品なので皆様も是非いちどいかがでしょうか。


付け加えれば、うちの唐辛子味噌も絶品です。それもそのはずです、うちの無農薬唐辛子と、無農薬大豆から作られている味噌なのですから。
ちょっとした薬味にお奨めですよ。

DSCN060_6.jpg

これからは、うちの野菜が加工されていく時期です。
冬が近づいているということです。
ファームメンバー、寒さに負けずに頑張っていきます!
ありがとうございます!
                  担当:飛田
  • (2013-10-27 13:43:40)
10/25新しい仲間
 皆様こんにちは。 
 いのちの森水輪に新しい仲間が増えました。
 実習生のKさんです。
 初日の言葉が印象的でした。
 「やるからには一所懸命に頑張ります。」
何事も一所懸命に、前向きに捕らえる人は、必ず良き人生
が開けると思います。「常に明るく」という項目は、先週私たちが学んだ
京セラフィロソフィーにあります。人生はすばらしく、希望に満ちています、と書いてありました。Kさんは、まさに、いのちの森水輪の実習を通して、
それを学んでいくのだと思いました。
 Kさん、まずは今に集中です。腰を据えてやっていきましょう!

DSCN0673.jpg
DSCN0675.jpg
DSCN0679.jpg
DSCN0682.jpg

                          担当:飛田

  • (2013-10-26 20:53:01)
10/24柿とさるなしをありがとうございます
皆様こんにちは。
 いのちの森水輪が、お世話になっている小林計正氏を紹介させて頂きます。

DSCN0654.jpg

 いのちの森文化財団が主催する青少年育成公開講座の講師にもなって頂いている方です。計正さんが代々続けてこられた水田を、今水輪で稲作をさせて頂いています。計正さん、いつもありがとうございます。
 実は今日、その計正さんからいのちの森に電話がありました。「さるなしと柿が実っているので、採りに来ませんか」
 ありがたいことだと、喜んで伺わさせていただきました。

DSCN0646.jpg

 これがさるなしです、実はキウィのような味がします。

DSCN0656.jpg

 柿は、渋柿ではなく真柿でした。

DSCN0650.jpg

 どちらも、無農薬の果実で、計正さんが大切に育ててきたものです。
 帰ってから、研先生に見せたところ、「有り難いことだねえ」と言っていました。
 計正さんには、いつも本当に良くして頂き、スタッフ実習生一同、感謝しております。計正さん、今日は誠にありがとうございました。

DSCN0649.jpg
DSCN0658.jpg

                         担当:飛田


  • (2013-10-25 23:57:06)
10/22S蔵さんとファーム
皆様こんにちは。
 今日はファームの、縁の下の力持ちを紹介します。
 ファームメンバーからS蔵さんと呼ばれ、慕われているMさんです。
 実習生です。

DSC00551.jpg

 Mさんの人柄は、ひと言で言うと律儀又は、誠実。
 こつこつと、仕事を出来る人です。
 畑ハウスの掃除を任されていて、掃除機がけ、上拭き、下拭きと、毎日
畑ハウスをきれいに保ってくれています。

DSC00415.jpg
DSC00433.jpg
DSC00462.jpg

それだけではありません。野菜を収納するコンテナも、いつもピカピカにしてくれています。 
食事準備という重要な仕事にも励んでくれています。
そんなS蔵さんが毎日、黙黙と、たんたんと実習する姿を、ファームメンバーは見ています。
S蔵さんが、どんな時も、だれにでも、礼儀正しく会釈する姿からみんなは学んでいます。
S蔵さん、いつもありがとう。
みんなS蔵さんのことが大好きだよ。
                        担当:飛田

  • (2013-10-24 16:02:05)
10/15果樹たちの様子
皆様こんにちは

今年もかりんが採れました。
報告が遅れましたが、今年はなんと待ちに待った山葡萄も採れたんです!!

山葡萄は早速山葡萄ジャムに、かりんはもう少し追熟させて香りがよくなったらお菓子やジャムなどにする予定です。
なんだか今年は果樹たちの調子がとても良いようです。
9月には少量でしたが初のプルーンが、その他に初の山葡萄や立派なりんご、かりんやマルメロ、本当に豊作でした。水輪スタッフ、実習生一同大喜びでした。

今年はファームのスタッフ、実習生の意識も高まりとても良いムードで実習できていたと思います。
ファームも少しずつ終わりに近づいてきています。残りも皆で力を合わせていきたいと思います。

DSCN0202.jpg
DSCN3403.jpg
  • (2013-10-24 15:59:03)
10/13桜の生長と私たち
皆様こんにちは

ファームの周りに植えた桜もぐんぐん育ってきています。
なんともう植えてから今年で3年ほどになります。

桜の支えとして打ち付けたくいには一人一人植えた人が名前を書き込んでいます。
水輪のスタッフ、実習生もこの三年間でさくらの成長と共に心がすごく成長してきました。
私自身も日々畑での実習を通して、素直な心、謙虚な心、感謝の心を学ばせていただいています。畑では、植物という一つの命と向き合うわけですから、そのような心を学ぶには本当に良い場だと思います。

DSCF4668.jpg
DSCF4679.jpg
  • (2013-10-24 15:52:54)
10/10Harvest!
 皆様こんにちは。
 Harvest とは、収穫の意味です。いのちの森水輪も秋を迎え、穀物の収穫が始まっています。
 今日は、そんな収穫の様子をお届けします。
               
DSC00696.jpg 
DSC00699.jpg
DSC00700.jpg
DSC00701.jpg
DSC00705.jpg
DSC00707.jpg
DSCN0056.jpg
DSCN0067.jpg
DSCN0069.jpg
DSCN0074.jpg
DSCN0081.jpg
DSCN0207.jpg
DSCN0211.jpg

 収穫を終えた水田、畑は、何か静まり返ったような印象を覚えます。そんな水田、畑を前に、私たちのこころも静けさを覚え、湧き起こってくるものは、やはり感謝しかありません。そして、来年へ向けて気を引き締めるのです。
 畑が完全に静寂を迎えるまで、あと2ヶ月ほどありますが、それまでに来年へ向けた、整備をしっかりとやっていきます。
 水田よ、畑よ、今年もありがとうございました。
                            担当:飛田

  • (2013-10-19 21:54:18)
10/9 100パーセント受け入れる
皆様こんにちは。
 ここ最近、いのちの森水輪ナチュラルファームでは、朝礼が単なる朝礼でなくなってきています。只単にあいさつの練習をして、今日の割り振り説明に入っていくだけでなく、朝礼が真に私たちの意識を統一させるものに変わってきています。
 問題意識がそこにはあると思います。
 実は、昨日ファームメンバーで朝礼の時間を使って話し合いをしました。
「ここ最近、研一先生に朝礼に来て頂いて、話をして頂いているが、私たちは
その研一先生から本当は何を学ぶべきなのか」リーダー江見さんからの提案でした。
 一人一人から、思うところを話していきました。
「研一先生もみどり先生も、あなた達を育てることにいのち(人生)をかけていますと言っているではないか。だったら、こちらもそういう態度で応えなければならない。奥先生も、100パーセント受け入れるところから始めなさいと言っている。」
 30分くらい話し合ったでしょうか、出た結論は「100パーセント受け入れる。こちらが研一先生からどれだけ受け取れるか、自分たちの間口を100パーセント開く」というものでした。
 ファームメンバーの日々の実習の在り方が問われます。
一人一人が真剣に取り組むつもりです。
                      担当:飛田               

DSC00697.jpg
DSC00709.jpg
  • (2013-10-11 21:49:13)
10/6自分のくせをとる
 皆様こんにちは。
 今、いのちの森水輪スタッフ、実習生は、研一先生をお迎えして、毎朝一緒に朝礼を行っています。
 その朝礼の中に、腹を鍛えるという時間があります。腹の底からエイ!と声を出して己の心身に気合を入れるというものです。
 今日、そのエイ!の時間が武道の時間になりました。研先生が、エイ!と共に拳を突き出す、いわゆる空手の正拳中段突きを教えて下さったのです。
 先導者が「いち!にい!さん!」と掛け声を上げます。その掛け声と共に拳を突き出し、じゅう!の掛け声でエイ!と気合を発する。これを5回やりました。
 男性だけでなく、女性からも迫力ある気合が聞こえてきたのは、これも今に集中して実習に取り組んでいる毎日の成果だと思いました。
 そして、この正拳突きを通して、研先生に教えて頂いたのは、自分のくせを取るということです。
 くせというのは、私たちが生きてきた中でつけてきてしまった、こころと体、考え方のくせのことです。
 正拳突きには正しい形、正しい動作、正しいこころ構えがあり、この正しい形の中に一心不乱に打ち込むことによって、その正しいことが、己の中に浸透していく。エイ!という気合によって、自分のくせを吹き飛ばしていく。
 形から入るという言葉は、いのちの森の実習でもよく言われることです。実習も正しい形の中で積み上げたいものです。
                      担当:飛田

DSCN0303.jpg
DSCN0304.jpg
DSCN0306.jpg
  • (2013-10-09 21:27:57)
10/4料理は感謝で
皆様こんにちは。
 研先生が、いのちの森水輪ナチュラルファームメンバーに、常々言っている言葉があります。
 「お前たち、野菜だけ作っていてそれで良いというのはダメだぞ。自分達で野菜を作るだけでなく、それを使って、自分で料理を作ることができて初めて、野菜を作っている意味があるんだぞ。」
 実は、恥ずかしながらファームメンバー、料理は一部を除き、ほとんどやったことがありません。そして、昨日全体ミーティングで、館内チームの女性ばかりが食事を作っているのではなく、男性もちゃんと料理が作れるようになろうということが話し合われました。
 という訳で、早速今日からファームメンバーの一人に白羽の矢が立ち、料理作りを学び始めました。アシスタントスタッフの高橋千広さんです。本人曰く、
「料理をつくったことはナイ」そうです。
 見て下さい、エプロン姿が初々しいでしょう。料理初体験の今日、何を学んだのか聞いてみました。

DSCN0312.jpg

 「今まで、この味付けが薄いだのと、文句ばかり言っていた自分を反省した。料理は感謝して頂かなければならない。」
 素晴らしい。そのこころがあれば、おいしい野菜が作れると思います、高橋さん。あと料理は、“片付けながら作る”、“完成図を思い浮かべながら作る”です。頑張ってください!
                            担当:飛田
 
DSCN0313.jpg
DSCN0315.jpg
DSCN0320.jpg
  • (2013-10-09 21:22:37)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79