<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
その他 (89) , 農作業 (74) , 作物の紹介 (30) , 料理 (26) , 作物関係 (23) , ファームの紹介 (22) , 畑整備 (17) , 農作業勉強 (15) , 健康 (14) , 苗について (14) , 加工品 (9) , お客様からのメール (9) , 有機農法 (9) , ファーム建設作業 (8) , 添加物 (7) , 種について (6) , 土作り (5) , 推薦文 (3) , 現代農業の危険性 (1) ,
ARCHIVES
20140108 大胆さと細心さをあわせもつ
みなさん、こんにちは。
今日は、毎年恒例になっているのですが、以前もペンキ塗りの時に紹介した「森のしずく」という建物の灯油入れを今シーズン初めて行いました。
去年までは、古株のアシスタントスタッフの飛田航介さんと二人でやっていたのですが、今日は航介さんに代わって新米アシスタントスタッフの高橋千広さんと二人で行いました。

大きな灯油タンクに一つ一つ灯油の容器から電動ポンプで移してゆくのですが、そのタンクの口が高い所にあるため、いつもてこずるのが、その灯油の容器を持ち上げて、置いておく土台作りです。
いつも脚立を使って行うのですが、問題はその足場がなかなか定まらないことです。
毎年これには苦労をし、試行錯誤を繰り返してきたのですが、今日も最初はてこずりました。
何せ足場は雪が積もっているわけですから、普通に立てたのでは水平にならず、ぐらぐらとしてしまいます。そこで今日もいろいろと創意工夫した揚句、脚立の開閉を固定している留め具を外し、前足を灯油タンクが収納されている倉庫に突っ込ませることによって、最終的にはかなり安定した足場にすることができました。しずくの灯油入れは、これで90%決まります。後はスムーズに行うことができました。

IMGP0001.JPG

しずくの灯油入れは重い灯油の容器を上に持ち上げるため、ある意味力仕事であると同時に、安定した足場づくりを行うためには、微妙な調整感覚が必要になってきます。
また外作業とは言え、一歩間違えれば火災事故にもつながりかねない、灯油を扱うわけですから、細心の注意も必要になってきます。
しずくの灯油入れもまたこの両極端の感覚が必要とされる実習だと思いました。

担当 T.W
  • (2014-01-10 07:32:12)
世界の穀倉!?   水輪ナチュラルファーム!
 みなさま、こんにちは。
 先日ファームメンバーもあまり行かなくなった畑ハウスにて、粉ひきをしてきました。

DSC01728.JPG

ネパールコーン粉、小麦粉をひき、袋詰めをしました。
そば粉の袋詰めもしました。

DSC01739.JPG

粉をひくという体験ははじめてだったので、とうもろこしや小麦を機会に何回かかけてだんだんきめ細かくなっていくのを見るのはたのしかったです。

DSC01730.JPG

 世界では農薬づけのやさいが横行し、遺伝子組み換えされた作物が出回っていて、しかもそれが当たり前のようになっています。
これはたいへん危険なことです。
水輪ナチュラルファームでは無農薬無施肥で循環備蓄型の自然農を実践しています。
農薬なんて使わなくてもやさいだって、穀物だってつくれるんです!
このいのちの森から世界中にひろめてゆこう、宇宙の意思と調和したこの農業を、そしてこの精神を!

担当 小泉
  • (2014-01-07 23:55:37)
全員参加で経営する
 みなさま、こんにちは。
 今日の昼食は、みどり先生もまじえてのミーティングをしながらファーム、オアシス、母屋のメンバーみんなそろって母屋でいただきました。

DSC01828.JPG

今年はとくに時間をあいまいにしないということで、時間厳守を徹底するのはとくにどういうときか、一人ひとり意見を言っていきました。

DSC01830.JPG

 冬の期間はファームだけでなく、全体でうごくことが多くなってきます。
各リーダーを中心とするのはもちろんですが、組織の一人ひとりが積極的に運営に参加していくことが重要です。

DSC01831.JPG

担当 小泉
  • (2014-01-05 23:07:19)
お客様第一主義を貫く
 皆さん、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞファームブログを宜しくお願い致します。
さて本日のテーマは調理実習です。
冬になりまして、ファームメンバーに食事作りを託される機械が増えて参りました。

sIMGP0002.jpg

写真は夜の仕込み風景です。
朝は、朝礼が終わってから、食事作りをはじめるので、実質1時間ぐらいしか時間がとれません。手際よく実習を進めていくためには、前日の夜の段階で仕込みを終わらせておかなくてはいけないのです。
ちなみに本日の朝食メニューは、ジャーマンポテトと、カブの梅マヨネーズ和えと、納豆、そして野菜スープです。
やはり料理で大事なことは、いかに食べてもらう人を満足させる食事を作れるかどうかで
す。そのためには仕込みも大事ですが、やはり味付けにこだわります。
結構うまくいったり、いかなかったりで、勉強中の段階ではありますが、限られた時間の
中で、いかに納得する味を出せるかどうか。時間内に出すということも同じ様に大事なこ
となので、食事時間が迫ってくると、結構妥協してしまうことも多々ありますが、そこは
瀬戸際の勝負だと思っています。
でもやはり調理実習は自分の好きな実習の一つです。
時間に追い込まれながら集中して取り組んでいる時は、良い緊張感を味わえます。
“好きこそものの上手なれ”
これからも調理実習を楽しみながら、腕を上げていきたいとおもいます!

担当 T.W
  • (2014-01-04 18:58:29)
いのちの森での一年
 今年も残すところあと2時間となりました。

DSC01777.JPG

わたしがいのちの森にやってきてからの約9か月間、ほんとうにいろいろなことがありました。
たくさんのなかまにめぐりあいました。
ここにいる人々はみんな、さまざまな課題を背負っています。
人一倍純粋に生まれてきた魂たちは、純粋であるがゆえに、いまの社会ではうまく生きられず、苦しんできました。

DSC01779.JPG

でも、だからこそ伝わることがある。
どんなににいやだと思っても、一瞬一瞬をいっしょうけんめい生きること、その姿勢があったからこそ多くのつながりができていったのです。
 もうすぐ、新たなる年がはじまります。

DSC01780.JPG

時代をこえてかわらないものがあると信じて、また一歩一歩すすんでまいります。
これからもどうぞよろしくおねがいします。

DSC01791.JPG

担当 小泉
  • (2014-01-01 00:03:37)
Working Meditation Guidance ~原点にもどる~
 先日まで水輪の実習生だったSさんの妹さんのNさんが、ワーキングスタディの体験をしたいということで、5日間ともに学ぶことになりました。

DSC01766.JPG

Nさんはとてもハキハキ元気で、積極的に実習に取り組む姿勢は、ほんとうに真剣にじぶんを変えようとしていることが感じられます。
また、この年末年始は元実習生のYさんもきてくれて、よりいっそう深い学びの機会をいただけたことに感謝です。

DSC01769.JPG

 今日はワークシートに載っている、Working Meditation Guidanceの読み合わせをしました。
このいのちの森で、いろいろな人々と関わってきたなかで、なにかをするときに、さいしょはしんどいかもしれないし、つらいと思ってしまうこともあるかもしれない、けれども、それでもとにかくやってみることが大切だということを学びました。
さいしょはかたちだけでもいいから、実行することが大切です。やっているうちにわかってくるということですね。

DSC01760.JPG

担当 小泉
  • (2013-12-31 11:19:27)
男の料理
 今年も残すところ僅かとなりました。
年末年始は宿泊されるお客様も多く、慌ただしい日々が続いていますが、畑は一面雪に覆われ、今年度の畑実習はひとまず終わりとなりました。

PC210180.JPG

現在のファームメンバーの重要な仕事がスタッフの食事作りです。
忙しい館内メンバーに代わり、慣れない手つきで悪戦苦闘しながら料理に挑戦しています。

PC270199.JPG

限られた時間の中で30人分の食事を作るということはなかなか大変な仕事です。
失敗ばかりですが、それでも毎日続けていると、少しずつですが上達していると実感できます。
まだまだ複雑な調理や微妙な味付けなどは出来ませんが、自分たちが育てた野菜を使ってみんなの食事を作るということに喜びを感じながら頑張っています。

PC120123.JPG

担当:高橋
  • (2013-12-30 01:17:29)
2013/12/24 静寂なる水輪ナチュラルファーム
皆様こんにちは。
 根雪になりました。
これでいのちの森水輪ナチュラルファームは静寂を迎えます。
今年も、ファームを支えてくださった皆様、ありがとうございました。
皆様のご支援があったからこそ、私たちはここまで頑張ることができました。
来年はさらに精進します。
志を共にし、互いに切磋琢磨している、いのちの森のみんな、おつかれさまでした。
来年もがんばろう!
さて、冬のいのちの森は、本当に、きれいですよ。

DSCN0966.JPG

真っ白で、特に晴れた夜空は思わず目を見張ります。
しんと静まりかえり、こころも静けさに包まれます。
是非とも一度お立ち寄りくださいませ。

DSCN1370.JPG

私たちは、精一杯、まごころ込めておもてなしさせて頂きます。
ありがとうございます。

DSCN1177.JPG

担当:飛田
  • (2013-12-27 22:21:12)
2013/12/23「地味な努力を積み重ねる」
 みなさま、こんにちは。
 畑には雪が降り積もり、しばらく土を見ていません。ファームメンバーも館内で実習することが多くなってきました。

DSC01681.JPG

Sさんは食事作りの補佐がだんだんうまくなってきました。白米とぎの動きが生かされている気がします。

DSC01687.JPG

Sさんは、はじめはいやいや食事作りをしていましたが、今ではなかなかさまになってきているじゃないですか!いやでも、しんどくても、逃げずに続けていれば、ちゃんと成果がでるってことですよ。よわいじぶんにまけるな!!!

DSC01686.JPG

 偉大なことは最初からできるのではなく、地味な努力の一歩一歩の積み重ねがあってはじめてできるということを忘れてはなりません。~京セラフィロソフィーより~
担当 小泉
  • (2013-12-25 18:30:47)
2013/12/21 いのちの森へようこそ
 みなさま、こんにちは。
最近、Iさんという新しいなかまがふえました。

DSC01696.JPG

来た当初は体調があまりよくない様子でしたが、3日ほど経過して、だんだん顔色がよくなってきました。
夜もわりと眠れたそですし、食欲ももどってきて、ごはんをぱくぱく食べていました。
Iさんはしごとがていねいで、言われたことも正確にたんたんとやってくれます。
そしてなにより、なにごとにもいっしょうけんめい取り組んでいる姿勢を感じられて、すばらしいことだとおもいました。

DSC01693.JPG

写真はファームメンバーで夕食の片づけをしているときのIさんの様子です。
なんだかきらきら、いきいきとしています。
成長段階、スピードはひとによってさまざまですが、やはり大切なことは、真面目に一生懸命仕事に打ち込むこと、これに尽きるのではないかと思うのです。

DSC01695.JPG

担当:小泉
  • (2013-12-22 14:49:34)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79