<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
その他 (89) , 農作業 (74) , 作物の紹介 (30) , 料理 (26) , 作物関係 (23) , ファームの紹介 (22) , 畑整備 (17) , 農作業勉強 (15) , 健康 (14) , 苗について (14) , 加工品 (9) , お客様からのメール (9) , 有機農法 (9) , ファーム建設作業 (8) , 添加物 (7) , 種について (6) , 土作り (5) , 推薦文 (3) , 現代農業の危険性 (1) ,
ARCHIVES
1/10 瞬間瞬間の判断力を磨く
 皆様こんにちは。
ファームチーム、大豆選別進行中です。

DSCF2192.jpg

実は今日、豆選チームは、豆選別を通して意識の変化を体感しました。
豆選別の非常に早い中島夢子さん(アシスタントスタッフ見習い)が指導をしに来てくれたからです。夢子さんが何を指導してくれたかというと、大豆の選別の仕方を教えてくれたのではありません。ここ、いのちの森で、皆が実習をしている意味と価値を教えてくれたのです。

IMGP0044.gif

夢子さんのひと言が物語っています。「大豆選別は、瞬間瞬間の判断力を磨く実習です。」

IMGP0051.gif

豆をひとつひとつ迷いながら選んでいては、400キロ近くの大豆はいつまでたっても終わりません。与えられた時間とノルマを、己の能力をフルに回転させて、終わらせるには、B級の豆を見つけた瞬時に、そのB級豆をはじいていく。はじいた瞬間には、もう目は別の豆を追っている。そのようにして、自分の集中力の度合をどんどんと上げていくわけです。しかも、選別は正確でなければなりません。スピードと正確さという、働く基礎練習のエッセンスが、大豆選別に込められているという訳です。
夢子さんは、実際に皆と一緒に選別をしました。その速さと正確さ、そして実習の意味を知った実習生達は、「目からウロコが落ちた」と言っています。実際、実習生たちの豆選のスピードも大きく変化しました。集中力が上がり、意識が変容したということでしょう。
 夢子さん、今日は本当にありがとうございました。

IMGP0053.gif

明日も豆選、頑張るぞ!オー!


  • (2013-01-11 00:04:50)